Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

特色ある取り組み 特色ある取り組み

ここから本文です。

旭川校開講 授業公開講座

平成25年度後期 旭川校開講 授業公開講座

コード 担当教員 担当日程 会場(教室名) 募集 受講対象者 時間 公開回数
講座
(授業)名
公開日程
講義等のあらまし
備考
XC-01 八重樫 良二 全日程 N331 3人 一般市民 10時40分~
12時10分
全11回
デザイン概論 10月1日 10月8日 10月22日 10月29日 11月5日 11月12日 11月19日 11月26日 12月3日 12月10日 12月17日        
イタリアのデザイナー、ブルーノ・ムナーリの著書に触れながら、自然の造形や視覚原理などについて学ぶ。
授業の一部に、演習課題を行う時間に費す場合があります。
XC-02 氷見山 幸夫 全日程 P103 10人 一般市民 13時00分~
14時30分
全14回
外国地誌 10月9日 10月23日 10月30日 11月13日 11月20日 11月27日 12月4日 12月11日 12月18日 12月25日 1月
8日
1月
15日
1月
22日
1月
29日
 
急激に変化しつつある世界を読み解き理解するため、いくつかの国を取り上げ、地理学的観点から紹介する。
 
XC-03 大橋 賢一 全日程 P103 20人
程度
一般市民 14時40分~
16時10分
全15回
漢文学
講読II
10月7日 10月15日 10月21日 11月6日 11月11日 11月18日 11月25日 12月2日 12月9日 12月16日 12月26日 1月
6日
1月
20日
1月
27日
2月
3日
文選の一つの作品を通して、文選の諸本ならびに諸注に関する基礎的な知識を養い、読解能力を高めることをねらいとする。
『新字源』(角川書店)、『新撰漢和辞典』(小学館)、『全訳漢辞海』(三省堂)、『漢字源』(学研)、『漢語林』『漢語新辞典』(大修館)のうち、どれか一冊を必ず持参すること。版は問わないが、できるだけ新しいものがよい。(電子辞典を持参してもかまわないが、必ず紙媒体の辞典も持参すること)。
XC-04 大橋 賢一 全日程 S110 5人
程度
一般市民 18時00分~
19時30分
全15回
漢文学
特別演習
10月7日 10月15日 10月21日 11月6日 11月11日 11月18日 11月25日 12月2日 12月9日 12月16日 12月26日 1月
6日
1月
20日
1月
27日
2月
3日
段玉裁注『説文解字注』を輪読する。中国語で音読をし、訓読ならびに現代語に翻訳した上で、段氏の引書資料を確認する。
段玉裁注『説文解字注』(上海古籍出版社など)および『説文入門』(大修館書店)、漢和辞典(『新字源』など)を用意すること。
XC-05 海老名 尚
角  一典
西村 邦行
1~5回目
6~10回目
11~15回目
L102 10人 一般市民 9時00分~
10時30分
全15回
社会科学入門 10月3日 10月10日 10月17日 10月31日 11月7日 11月14日 11月21日 11月28日 12月5日 12月12日 12月19日 1月9日 1月
16日
1月
23日
1月
30日
社会科学の基礎的知識を、政治学・歴史学・社会学との関連において紹介する。
 
XC-06 角  一典
千葉 胤久
海老名 尚
1~5回目
6~10回目
11~15回目
P203 10人 一般市民 9時00分~
10時30分
全15回
現代と
社会
10月7日 10月15日 10月21日 11月6日 11月11日 11月18日 11月25日 12月2日 12月9日 12月16日 12月26日 1月
6日
1月
20日
1月
27日
2月
3日
環境をキーワードとして、社会学・倫理学・歴史学の観点からのアプローチを通して考える。
 
XC-07 角  一典 全日程 P101 10人 一般市民 13時00分~
14時30分
全15回
社会
調査論
10月3日 10月10日 10月17日 10月31日 11月7日 11月14日 11月21日 11月28日 12月5日 12月12日 12月19日 1月
9日
1月
16日
1月
23日
1月
30日
本講座は、社会調査の基礎を学ぶことで、市民としての批判的視座を養成し、より的確な社会認識を獲得することを目的とする。
 
XC-08 角  一典 全日程 S306 3人 一般市民 14時40分~
16時10分
全15回
社会学
演習II
10月7日 10月15日 10月21日 11月6日 11月11日 11月18日 11月25日 12月2日 12月9日 12月16日 12月26日 1月
6日
1月
20日
1月
27日
2月
3日
社会科学の専門文献を輪読することを通じて、現代社会の諸問題に関する知識を高めるとともに、その解決について考える。
 
XC-09 名達 英詔
南部 正人
1~8回目
9~14回目
P203 3人 一般市民 13時00分~
14時30分
全14回
小学校図画工作科教育法 10月1日 10月22日 10月29日 11月5日 11月12日 11月19日 11月26日 12月3日 12月17日 12月24日 1月
7日
1月
14日
1月
21日
1月
28日
 
図画工作科の教科としての目標、内容、指導のあり方について、講義及び演習によって学びます。
10月8日(火)は、休講。10月15日(火)は、月曜授業日の為、本授業はありません。12月10日(火)は、試験のため割愛します。
XC-10 伊藤 一男 全日程 N220 5人
程度
一般市民 9時00分~
10時30分
全12回
短詩形
文学入門
10月3日 10月10日 10月17日 10月31日 11月7日 11月14日 11月21日 12月5日 12月12日 1月
9日
1月
16日
1月
30日
   
類型性ということをキーワードとして、主に和歌について概観する。
公開日程は、一部変更になることもある。
XC-11 佐々木 周 全日程 P101 5人 一般市民 13時00分~
14時30分
全15回
哲学概論 10月2日 10月9日 10月16日 10月23日 10月30日 11月13日 11月20日 11月27日 12月4日 12月11日 12月18日 12月25日 1月
8日
1月
15日
1月
22日
「哲学する」というのは、何か「違ったふうに、考えさせられ始める」こと。それは本当は、少しおそろしい。 
 
XC-12 村田 裕和 全日程 P103 5人 一般市民 14時40分~
16時10分
全15回
日本
文学史
(近代)
10月1日 10月8日 10月22日 10月29日 11月5日 11月12日 11月19日 11月26日 12月3日 12月10日 12月17日 12月24日 1月
7日
1月
14日
1月
21日
日本近代文学の入門編です。家族・戦争・大衆文化などの視点から文学を考えます。
1年生対象です。ディスカッション等に参加してもらいます。

本文ここまで