Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

特色ある取り組み 特色ある取り組み

ここから本文です。

旭川校開講 授業公開講座

平成26年度前期 旭川校開講 授業公開講座

コード 担当教員 担当日程 会場(教室名) 募集 受講対象者 時間 公開回数
講座
(授業)名
公開日程
講義等のあらまし
備考
XC-01 片山 晴夫 全日程 L101 10人
程度
一般市民 10時40分~
12時10分
全15回
近代小説を読む 4月
10日
4月
17日
4月
24日
5月
1日
5月
8日
5月
15日
5月
22日
5月
29日
6月
5日
6月
12日
6月
19日
6月
26日
7月
3日
7月
10日
7月
17日
近代文学を代表する小説作品を題材として、それらの作品の同時代評価と現代的な意義や評価を考察する。
 
XC-02 氷見山 幸夫 全日程 N218 10人 一般市民 9時00分~
10時30分
全15回
環境
地理学
4月
15日
4月
22日
4月
30日
5月
9日
5月
13日
5月
20日
5月
27日
6月
3日
6月
10日
6月
17日
6月
24日
7月
1日
7月
8日
7月
15日
7月
22日
レスター・ブラウンのプランB4.0をテキストとして用い、主要な地球環境問題について考える。
 
XC-03 氷見山 幸夫 全日程 N123 10人 一般市民 10時40分~
12時10分
全15回
自然
地理学
4月
9日
4月
16日
4月
23日
5月
7日
5月
14日
5月
21日
5月
28日
6月
11日
6月
18日
6月
25日
7月
2日
7月
9日
7月
16日
7月
23日
7月
30日
人間活動の場としての地表環境について、自然地理学的観点から知識と理解を深める。
 
XC-04 角 一典 全日程 S306 3人 一般市民 14時40分~
16時10分
全15回
社会学
演習III
4月
14日
4月
21日
4月
28日
5月
12日
5月
19日
5月
26日
6月
2日
6月
9日
6月
16日
6月
23日
6月
30日
7月
7日
7月
14日
7月
24日
7月
28日
本講座は、社会問題に関する文献購読と討論を通じて理解を深めることを目的とする。
 
XC-05 角 一典 全日程 P103 10人 一般市民 16時20分~
17時50分
全15回
社会学
概論
4月
14日
4月
21日
4月
28日
5月
12日
5月
19日
5月
26日
6月
2日
6月
9日
6月
16日
6月
23日
6月
30日
7月
7日
7月
14日
7月
24日
7月
28日
社会の現代的諸課題の現状に関する基礎的知識を概説する。
 
XC-06 菅野 友美 全日程 N123 5人
程度
一般市民 14時40分~
16時10分
全15回
食生活学I 4月
9日
4月
16日
4月
23日
5月
7日
5月
14日
5月
21日
5月
28日
6月
4日
6月
11日
6月
18日
6月
25日
7月
2日
7月
9日
7月
16日
7月
23日
食生活を見直し健康で豊かな食生活を送るための基礎知識を身につけ食にまつわる様々な問題点について考える。
 
XC-07 大橋 賢一 全日程 N218 10人
程度
一般市民 10時40分~
12時10分
全15回
中国
文学史
4月
14日
4月
21日
4月
28日
5月
12日
5月
19日
5月
26日
6月
2日
6月
9日
6月
16日
6月
23日
6月
30日
7月
7日
7月
14日
7月
24日
7月
28日
杜甫の詩を中心に中国文学のながれについて考える。
漢和辞典(『新字源』など)を用意してください。
XC-08 大橋 賢一 全日程 S105
(国語演習室)
5人
程度
一般市民 18時00分~
19時30分
全15回
漢文学
特論B
4月
14日
4月
21日
4月
28日
5月
12日
5月
19日
5月
26日
6月
2日
6月
9日
6月
16日
6月
23日
6月
30日
7月
7日
7月
14日
7月
24日
7月
28日
段玉裁注『説文解字注』を輪読する。中国語で音読をし、訓読ならびに現代語に翻訳した上で、段氏の引書資料を確認する。
段玉裁注『説文解字注』(上海古籍出版社など)および『説文入門』(大修館書店)を購入していただきます。漢和辞典(『新字源』など)を用意してください。
XC-09 矢野 敏文 全日程 N332 12人 一般市民 16時20分~
17時50分
全15回
篆書法
III
4月
10日
4月
17日
4月
24日
5月
1日
5月
8日
5月
15日
5月
22日
5月
29日
6月
5日
6月
12日
6月
19日
6月
26日
7月
3日
7月
10日
7月
17日
甲骨文字により、基礎的な文字の字形や成り立ちを学んだ後に、西周時代の金文の臨書を行います。
書道道具、紙墨等は各自用意して下さい。

本文ここまで