Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

特色ある取り組み 特色ある取り組み

ここから本文です。

函館校開講 一般公開講座

平成26年度後期 函館校開講 一般公開講座

コード 担当教員 会場 募集 受講対象者 受講料 受講申込期間
講座名 開講期間 時間 回数
講座の概要
H-01 木村 哲也 函館校
(教室は未定)
40人 一般市民 3,000円 9月19日(金)

9月26日(金)
山田孝雄(よしお)
とその子孫たち
 
10月4日(土)・11日(土)・18日(土),
11月1日(土)・8日(土)・15日(土)・24日(祝・月)
・29日(土),
12月6日(土)
9時30分~11時00分 10回
 国語学者山田孝雄の国語学者の息子たちだけでなく,歌人や俳人の娘,キリスト教学者のその配偶者や出版社をやっていたその子どもまでを,かしこまらずに見ていきます。
H-02 後藤 泰宏 函館校
第13講義室(予定)
15人 一般市民 2,000円 9月22日(月)

9月30日(火)
数学,
ウソつかない
10月7日(火)・14日(火)・21日(火)・28日(火)、
11月4日(火)
18時30分~20時00分 5回
 世間的には役に立たないと言われる数学の正直さを再発見します。
H-03 齋藤 征人 函館校
(教室は未定)
50人 一般市民 2,000円 9月22日(月)

9月30日(火)
廃校跡施設を
活用した
「おたがいさま」
のまちづくり
10月7日(火),11月4日(火),
12月9日(火),1月6日(火)
18時00分~19時30分 4回
 少子高齢化によって地域コミュニティから子どもたちの声が消えつつある。住宅街の中心にありながら廃校となった旧中学校跡施設を舞台に展開した,支え合いのまちづくりの試みについて紹介するとともに,私たちが暮らす地域の将来像をどう描くかについて議論します。
H-04 橋本 忠和 函館校
美術教育第2演習室
30人 一般市民 3,000円 10月24日(金)

10月31日(金)
日本の伝統文化
芸術体験講座
(和紙と墨を用いたランプシェード作りを通して)
11月8日(土)・15日(土) 9時30分~16時00分 2回
 前半は,日本の伝統文化芸術をとりまく現状と鑑賞の手法を先行事例等を参考に理解します。後半は,和紙と墨を用いたランプシェード作りを通して,墨の表現法と和紙を活用した立体作品づくりの手法を体験的に学びます。
H-05 山岡 邦彦
飯山 雅史
藤巻 秀樹
今井  宏
函館校
(教室は未定)
制限
なし
一般市民 2,000円 10月22日(水)

10月29日(水)
新聞報道の現場から
見た世界と日本
11月5日(水)・12日(水)・19日(水)・26日(水) 18時30分~20時00分 4回
 今年春まで新聞社の第一線で活躍した記者出身の大学教授が混迷する世界と日本を読み解く講座です。

本文ここまで