Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

特色ある取り組み 特色ある取り組み

ここから本文です。

現在位置

JA、HFC、本学、道教委の4者連携による「がんばれ東北・元気米プロジェクト」(11月1日)を実施しました(2011年11月8日)

がんばれ東北・元気米プロジェクトの方々 北海道の子どもの学力や体力向上、食育等の推進など、子どもの健全育成を目指し連携するJAグループ北海道、北海道フットボールクラブ、北海道教育委員会、本学の4者は、11月1日(火)、「がんばれ東北・元気米プロジェクト」として、北広島市のくるるの杜(もり)で子どもたちが収穫した餅米やジャガイモ、附属札幌小学校の児童ら北海道の子どもたちからの応援メッセージ、本学の学生が作成した子どもたちを元気づける栞などを東日本大震災で被災し、現在は仮設校舎で授業を行っている宮城県石巻市の渡波小学校の児童らに贈りました。
本プロジェクトは、平成23年10月に相互協力協定を締結した4者の最初の取組であり、現地には、各機関から8名が訪問し、贈呈式と持参した餅米などを使った餅つきが行われ、餅はお汁粉として児童らに振る舞われました。
本学から参加した札幌校学生も餅つきを手伝い、また、指編みのマフラーづくりを通して、子どもたちとの交流を深めていました。
今後も、JAグループ北海道、北海道フットボールクラブ、北海道教育委員会、本学の4者は連携をさらに深め、北海道の子どもの学力や体力向上、食育等の推進など、子どもの健全育成に関する事業に取り組んでいくとともに、継続して東日本大震災で被災した地域への支援を実施していくこととしています。
餅つき

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで