Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

特色ある取り組み 特色ある取り組み

ここから本文です。

現在位置

2013「がんばれ東北・元気米プロジェクト」を実施しました(2013年7月28日)

がんばれ東北・元気米プロジェクト 平成25年7月28日(日)、北広島市の「くるるの杜」にて、2013「がんばれ東北・元気米プロジェクト」の第2弾イベントを行い、東日本大震災の被災地域から道内に避難している親子と北広島市の親子計5家族(18人)が参加しました。

本事業は、JAグループ北海道、北海道フットボールクラブ(コンサドーレ札幌)、北海道教育委員会、本学の4者が連携し、収穫したお米を被災地にいる家族やお世話になった方へメッセージを添えて贈るという企画で、今回は6月に田植えをした稲の花の観察やかかし作りを行いました。本学からは、サポーター役として、学生・職員5人が参加しました。

午前中は、「くるるの杜」スタッフから説明を受けた後、全員でかかし作りを行い、最後にコンサドーレ札幌のユニホームを着せ、田んぼに立てました。その後、自分たちが植えた稲の生育や花の観察を行い、スケッチも行いました。

午後からは、稲の穂や葉を使ったしおり作りや、本学学生や北海道教育委員会の職員と一緒に親子で出来る簡単工作作りを行いました。参加した子どもたちは、慣れない手つきながらも一生懸命に取り組み、できあがった「ぐにゃぐにゃ凧」や「かさ袋ロケット」で楽しそうに遊んでいました。

今後は、10月上旬に「稲刈り(収穫イベント)」、12月下旬には「もちつき大会と収穫した米とビデオメッセージの贈呈」の実施を予定しています。
元気米プロジェクト元気米プロジェクト

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで