Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

特色ある取り組み 特色ある取り組み

ここから本文です。

現在位置

重点分野研究プロジェクト

重点分野研究プロジェクトとは

 本学では、教員養成機能における北海道の拠点的役割を果たすため,学校現場や地域に生起する様々な課題解決に資する研究を『重点分野研究プロジェクト』として位置づけ、重点的に推進しています。
 

H29年度重点分野研究プロジェクト

研究代表者 プロジェクトの名称
所属 職名 代表者名
札幌校 教授 並川 寛司 札幌市教育委員会と連携した採用前研修と初任者用理科指導ハンドブックの作成-理科の指導力向上を目指して-
札幌校 教授 安井 友康 特別な教育的ニーズに対応する人材育成のための情報支援
-支援教材とICTを活用した情報提供-
札幌校 教授 佐々木 貴子 防災の視点を持つ教員の養成・研修の在り方検討に向けた基礎的研究
旭川校 教授 安藤 秀俊 理科の教材開発能力と指導実践力を高める学士力向上プログラムの開発および観察・実験の技能向上を目指す教員研修
旭川校 教授 古屋 光一 理科教師の「探究に基づく学習」(IBL)のとらえ方とその実践:日本,米国と中国との比較研究
教職大学院
(旭川)
教授 水上 丈実 地域に貢献する人材育成のための大学院生・学部学生の授業力向上プロジェクト―北海道教育大学におけるマイクロティーチングの開発―
釧路校 准教授 菊野 雅之 大学生に求められる記述力・自己教育力の伸長を目指した講義形態に関する研究
―学生の協働学習形態の構築・学生および大学院生メンターの養成―
釧路校 准教授 宮前 耕史 「食育」実践力向上のための「酪農家民泊体験実習」プログラムの開発
釧路校 教授 早勢 裕明 アクティブ・ラーニングによる算数・数学の授業改善支援
函館校
(附属函館幼稚園)
教授 橋本 忠和 創造的な学習ツールとしてタブレットパソコンを活用した幼小中を貫くアクティブラーニングのカリキュラム及び題材開発の研究
―教員・学生のICTを活かす教職機能強化を図りながらー
函館校 准教授 古地 順一郎 人口減少地域における大学と地域の協働関係と人材養成に関する研究
―ソーシャルクリニック・モデルの構築に向けて―
岩見沢校 准教授 奥田 知靖 多様なスポーツへの発展可能性をもつ種目横断的基礎的運動能力を育成するスポーツ指導者養成プログラム
学校・地域教育
研究支援センター
部門長 川前 あゆみ へき地・小規模校教育に関するプロジェクト
へき地・小規模校教育 特別支援教育 酪農家民泊体験実習 理科教育 算数・数学教育
地域に貢献する
人材養成
子どもの体力向上 グローバル化
への対応
防災・安全教育
アクティブラーニング・
ICT利用の視点
金融教育 食育
小学校英語活動
プロジェクト
演劇・コミュニケーション  学士力向上
教育実践改善
チェックリスト
持続可能な社会・
ESD
現職教員の
高度実践構想力
教員養成の改善
キャンパス都市函館

本文ここまで