Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

特色ある取り組み 特色ある取り組み

ここから本文です。

金融教育

       金融教育プロジェクト

プロジェクトの背景と目的

 金融教育とは、お金の動きを理解し、それを通じて自分の暮らしや社会について考え、自らの価値観を磨きながら、より豊かな生活や社会づくりに向けて主体的に行動できる能力を養う教育であり、家庭科、生活科、社会科等の学校における授業科目と密接に関わるものです。お金の教育については、学校教育現場でその必要性が強く求められています。北洋銀行と本学は平成20~22年度金融教育について共同研究を行いましたが、その成果として金融とのできる教員養成のプログラムを作成し、その成果を学部の教育に盛り込んで、金融教育ができる教員の養成に活かすこと、また、金融教育ができる教員養成のための授業を中心とした取組の成果を全国に発信し、教育現場へ貢献することを目的としています。
 

実施体制


協力
日本銀行広報中央委員会

  • 北海道教育大学札幌校
  • 北海道教育大学旭川校
  • 北海道教育大学釧路校
  • 道内公立小学校
  • 道内公立中学校
  • 道内公立高等学校
  • 株式会社北洋銀行

研究成果


 平成28年度進捗状況報告(112.68 KB)


 

予算

北海道教育大学重点分野研究プロジェクト 平成28~30年度
 

リンク

  
 教員養成課程における金融教育実践者育成のためのカリキュラム開発
 -北海道教育大学講義「金融教育」の場合-



   日本家庭科教育学会
 

 中学校家庭科の授業における消費者市民性育成の可能性 : 金融教育の授業実践から
 

 日本消費者教育学会


 
 過去の金融教育プロジェクトは、こちら
 


 

  

本文ここまで