Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

特色ある取り組み 特色ある取り組み

ここから本文です。

地域に貢献する人材養成

    人口減少地域における大学と地域の
    協働関係と人材養成に関する研究
  ーソーシャルクリニック・モデルの構築に向けてー

プロジェクトの背景と目的

 近年、人口減少が進む地域を中心に、地域の持続的発展をどう図っていくかが大きな課題となっています。このような文脈において、大学には、地域の活性化と持続的発展を担う重要な拠点としての役割がますます求められるようになってきています。このため、大学と地域が協働しながら地域活性化および地域創生を実現しようとする取り組みが、地方大学を中心に各地で行われています。
 北海道教育大学函館校では、2014年度に国際地域学科を設置し、学校教育分野のみならず、さまざまな分野で地域社会と協働し、地域課題の解決に向けた研究・教育活動を重視する方針を打ち出しました。2016年度には、地域課題の解決に向けて、大学と地域社会が協働する仕組みを作ることを目標とするソーシャルクリニック事業を開始しました。
 
ソーシャルクリニックは、「地域課題の診療所」をイメージしています。しかし、医師が患者を診断する医療診療所とは異なり、大学と地域の協働を基本としています。すなわち、大学と地域が、地域課題を共に診断し、解決に向けた処方箋を共に書き、解決策(治療)を共に実施することを目的としています。現在のところ、江差町、知内町、函館市で展開しています。
 ソーシャルクリニックは、函館校が独自に始めた地域づくりの取り組みで、人口減少地域における大学・地域協働のあり方のモデルケースとして国内外に発信できる可能性を秘めています。ソーシャルクリニックのモデル化に向けて、教員が各自の専門性を生かし、かつ、地域特有の具体的な課題の解決を目指すことで、実践例の蓄積を図ります。その際、各教員がばらばらに活動するのではなく、分野を超えた学際的なアプローチにより解決を図ることで、新たな解決方法の開発を目指します。


 
本プロジェクトでは、ソーシャルクリニックの実践を通じて、どのような協働関係を築けるのか、そのプロセスを含めて検証します。また、大学が持っているさまざまな知的資源や人的資源を地域が利用し、地域の課題解決に向けて地域住民が自ら動き始める仕組みづくりについても実践的な研究を進めます。
 
さらに、函館校は、地域課題に取り組みながら、地域の持続的発展に寄与する人材の養成を目的としていることから、国際地域イノベーター人材養成プログラムの開発も行います。そのため、ソーシャルクリニックの実践を通じてプログラム開発に関わる研究も行います。


 
本プロジェクトの実施によって、次の4つの成果が期待されます。
(1)
地域の持続的発展に向けた協働メカニズムの構築:大学と地域が協働しつつ地域課題に取り
  組むことで、地域の持続的発展に向けた仕組みが構築されます。また、これにより、大学が
    社会的役割を果たす道を開拓できます。
(2)
地域住民のエンパワメントと人材養成:さまざまな協働実践が行われることで、大学の知的
    資源が地域住民に共有、蓄積され、地域における課題解決能力が向上します。
(3)
学生の人材養成:地域との協働実践に学生が関与することで、学生が実践的な学びを体験
  し、地域の持続的発展に必要なスキルや知見を習得することができます。ソーシャルクリ
  ニックを通じて、地域と社会が必要とする人材養成が進みます。
(4)
人材養成プログラムの開発:ソーシャルクリニックでの実践を通じて、函館校が中心となっ
    て進める国際地域イノベーター人材養成プログラムの開発につながります。



 

実施体制

   北海道教育大学函館校

 

報告書

 平成28年度進捗状況報告(152.50 KB)

 

研究成果





 

予算

北海道教育大学重点分野研究プロジェクト 平成28~30年度
 

リンク

 北海道教育大学函館校ソーシャルクリニック平成28年度活動報告書(5.81 MB)
 
 
  

本文ここまで