Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

特色ある取り組み 特色ある取り組み

ここから本文です。

子どもの体力向上

多様なスポーツへの発展可能性をもつ
種目横断的基礎的運動能力を育成する
スポーツ指導者養成プログラム

プロジェクトの背景と目的

 近年、オリンピック・パラリンピック等の国際大会や世界的なトップリーグにおいて好成績を残すアスリートが増えている一方で、子どもの屋外での遊びの減少による様々な問題、体力・運動能力の低下、競技種目からの早期のドロップアウト、競技において期待されるような才能を開花させることができないなど、子どもの運動を取り巻く様々な問題が指摘されている。このような子どもの運動・スポーツの現代的な問題解決に向けて、幼児や小学校低学年といった低年齢期の運動・スポーツのあり方を再検討する必要がある。そして、発達段階に即した運動内容の選択や指導方法論など低年齢期の運動・スポーツの専門的知識と実践的指導力を身につけた指導者を養成することが求められる。

   そこで、本プロジェクトでは、低年齢期のスポーツ指導に特化した指導者を養成するプログラムを開発することを目的とする。このプログラムは、低年齢期の運動・スポーツに特化した専門的理論研修、および長期的・継続的な指導実践研修により構成され、本プロジェクト独自に専門的指導者を養成するものである。この理論研修のためには、低年齢期の子どもの体力や運動能力に関する従来の研究成果や具体的な実践プログラムを収集し、さらに本プロジェクト独自の調査結果を加えて、生涯にわたる運動習慣の形成およびアスリート育成の両観点から、低年齢期の子どもに特化した運動・スポーツ指導理論を体系化する。そして、長期的・継続的な指導実践研修のために、長期的な指導実践の機会を確保し(大学で実施しているスポーツ教室と連携)、継続的に指導力を評価しフィードバックを可能にするシステムを構築する。
 これに加え、低年齢期の運動・スポーツについては、スポーツ指導者だけでなく保護者を中心とした社会全体で理解を進める必要があるため、本プロジェクトで体系化した理論を基に、子どものスポーツを支援する家庭に向けた運動・スポーツセミナーを開催する。

実施体制

   北海道教育大学岩見沢校


 

報告書

 平成28年度進捗状況報告(175.54 KB)
 
 

研究成果






 

予算

北海道教育大学重点分野研究プロジェクト 平成28~30年度
 

リンク

    


 

  

本文ここまで