Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

特色ある取り組み 特色ある取り組み

ここから本文です。

グローバル化への対応

  地域の変化に関する住民意識の国際比較研究ー函館・道南地域とカナダ大西洋沿岸地域を中心にー

プロジェクトの背景と目的

 急速な少子高齢化や人口減少、若者の流出、労働力不足、中心市街地の衰退、外国人観光客の増加、北海道新幹線の開業、宿泊業における外国資本の流入、外国人住民の増加など、函館・道南地域には大きな変化の波が押し寄せている。本研究では、函館・道南地域の住民がこの変化をどのようにとらえているかを明らかにする。住民意識を明らかにすることで、今後の地域づくりや政策を考える上でのデータを提供できる。
 
 また、函館・道南地域の状況をグローバルな文脈で位置づけるため、カナダ大西洋沿岸地域との国際比較も行う。カナダ大西洋沿岸地域は、少子高齢化、若者の流出、人口減少、人口減少対策としての積極的な移民受け入れ政策、グローバル経済での地域経済のあり方など、函館・道南地域と同様の地域課題を抱えている。このような背景を踏まえ、ダルハウジー大学のラモス教授を中心とした研究チームが、既に4都市(ハリファックス、モンクトン、シャーロットタウン、セントジョンズ)における住民意識の調査を行っており、その成果も発表されている(Perceptions of Change Project:perceptionsofchange.ca)。

 本研究は、その実績を踏まえて、函館・道南地域との比較を試みる。この比較研究により、函館・道南地域の持続的発展に関わる政策立案に有用なデータを提供できることが期待される。

 
 

実施体制

  • 北海道教育大学函館校
  • カナダ、ダルハウジー大学

報告書

 


 

研究成果





 

予算

北海道教育大学重点分野研究プロジェクト 平成30年度
 

リンク

 
 


 

  

本文ここまで