Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

特色ある取り組み 特色ある取り組み

ここから本文です。

現在位置

平成18年度実践成果発表交流会(平成19年2月17日・18日開催)

小学校英語活動実践成果発表交流会 2月17日(土)・18日(日)の2日間にわたって、小学校英語活動実践成果発表交流会を札幌市内の道民活動センター(かでる2・7)において開催しました。
 本学では、北海道教育委員会及び札幌市教育委員会との連携の下に、小学校活動の事業を進めており、交流会には小学校教員をはじめ中学校・高等学校・大学の教員など、延べ160人余りが参加しました。
 この交流会は、文部科学省の小学校英語活動地域サポート事業の一環として開催したもので、地域の小学校で抱える英語活動に関する課題への実践的取組を中心に活動の成果が発表されました。
 初日の17日には、国立教育政策研究所教育課程研究センターの菅 正隆教育課程調査官による「小学校英語活動の在り方と今後の方向性」と題した講演が行われ、引き続き旭川地区から「外国人に見てもらおうと英語劇に取り組む6年生」、釧路地区から「関わる力を育む英語活動」の取組の実践報告が行われました。
 2日目は、第1日目に引き続き函館地区から「絵本を使った小学校英語活動のひろがり;発達段階に合わせた英語活動」、札幌地区から「あなたもできる英語活動の年間指導計画;年間指導計画の作り方マニュアルを提案!」の取組の報告があり、全体討議では、各小学校の状況及び今後の取組についての情報交換が行われ、2日間の日程を盛会のうちに終えました。
小学校英語活動実践成果発表交流会

本文ここまで