Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

特色ある取り組み 特色ある取り組み

ここから本文です。

現在位置

平成21年度実践成果発表交流会(平成22年2月13日・14日開催)

第5回小学校英語プロジェクト小学校外国語活動実践交流会 2月13日(土)~14日(日)、「第5回小学校英語プロジェクト小学校外国語活動実践交流会」を札幌市内で開催しました。

 この事業は、平成17年度から2カ年にわたり文部科学省の「小学校英語地域サポート事業」の指定を受け実施されてきた事業の後継事業として、本学が現職教員支援のために継続しているものであり、平成23年度からの小学校外国語活動(英語活動)必修化が決定された後とあって、北海道内全域はもとより、福岡県や岩手県からの参加者など、200名を超える現職教員らが参加しました。

 初日は、本学 眞田 雄三理事からの挨拶の後、筑波大学大学院人文社会科学研究科教授の卯城 祐司先生による「学級担任が進める小学校外国語活動の魅力」と題した講演が行われました。

 卯城先生は、自らが訪れた日本全国の小学校における外国語活動の事例を交えながら、学級担任がコミュニケーション重視の実践を行うことが重要であることなどについて、異文化理解の視点を交えながら語りかけました。
 その後、「外国語活動の導入にあたって」、「『つながる』外国語活動の創造及び実践」」など北海道内各地における実践が紹介され、参加者は発表される実践から授業改善のヒントを得ようと熱心にメモを取っていました。
 2日目は、函館校教授 上山 恭男先生の講演や、旭川校教授 石塚 博規先生の講演が行われました。

 また、福岡県大牟田市立明治小学校校長 安田 昌則氏による「学級担任を中心とした小学校外国語活動の推進」と題した講演が行われ、参加者は、小学校外国語活動の導入の経過や、現在、大牟田市立明治小学校で行われている先進的な取り組みに深く聞き入っていました。
 最後のプログラムとして行われたグループディスカッションでは、参加者が、英語ノート、小規模校の指導、体験重視の実践などの各テーマに分かれグループワークを行い、課題の共有を図りました。
 2日間の事業を終えた参加者からは、「専門的かつ実践的な内容の講演を聞くことができ、勉強になった。」「実践発表では、参考にできる材料がたくさんあった。」「小学校英語活動を実践していく上で人的ネットワークができた。」等の感想があり、好評のうちに終了しました。

第5回小学校英語プロジェクト小学校外国語活動実践交流会第5回小学校英語プロジェクト小学校外国語活動実践交流会
第5回小学校英語プロジェクト小学校外国語活動実践交流会第5回小学校英語プロジェクト小学校外国語活動実践交流会

本文ここまで