Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学部・大学院 学部・大学院

ここから本文です。

芸術文化コース

芸術活動と社会をつなぐ「架け橋」を目指して
芸術課程 岩見沢

芸術文化コースは、美術や音楽に関わる教育的な内容や、理論から発展し、芸術全体が社会とどのように関わることができるかを学び、考え、実践するコースです。道内ではじめてアート・マネージメント専攻を立ち上げ、音楽・美術両コースと連携し、芸術と社会をつなぐ専門家を育成します。

教育内容の紹介

アートマネージメント専攻 -架け橋になれ!芸術を世界に-

アートマネージメント専攻では、芸術と社会との関わり合いについて、理論的な場のみならず実践を伴いながら様々な視点からより深く研究します。「芸術プロジェクト」等に参加し体験的に視野を広げ、それぞれ目指す関心分野を見つけます。

芸術教育専攻 -芸術教育の喜びを探求!-

芸術教育専攻では、美術・音楽・身体表現等の芸術分野において、幅広く「教育」という観点から学び、教育現場や地域社会の様々な場面で「芸術」について指導的立場を担う人材を育成します。 音楽と美術の中学校・高校の教員免許、各種資格の取得も可能です。

芸術理論専攻 -芸術とは一体何だろう?-

芸術理論専攻では、様々な芸術の意義、歴史などを学問的に研究します。これらの研究を基礎として、芸術と社会の関わりを中心に広く芸術全体について理論的に考察を深め、社会における芸術活動の指導的役割を担う人材を育成します。

芸術理論専攻 芸術理論専攻

卒業後の主な進路

コープさっぽろ、第一生命、みずほ証券、郵便局、明治安田生命、日本生命、(財)札幌市青少年女性活動協会、(株)パシフイックアートセンタ一、河合塾、(株)SHIPS、(株)ビッグ、(株)四季舎、社会福祉法人わらしベ会、小柳税理士事務所、大学院進学、中学校教員

メッセージ

表現教育 准教授 岩澤 孝子 -芸術文化で世界を変えよう-

表現教育 准教授 岩澤 孝子芸術文化は、極限られた人々のためだけに存在するのではなく、芸術とは無関係だと思われていた人々の生活に入り込み、社会(ひとびと)が結びつくことによって、人々の生活や価値観を変えるきっかけになります。芸術文化は、社会の中で活かされるべき大きなパワーを秘めています。学校や社会における芸術教育、博物館・文化施設、企業、自治体等におけるアートマネジメント、芸術批評等において活躍する人々は、芸術文化と社会を結び、そして世界を変える一躍を担っているのです。
芸術文化コースでは、音楽・美術・身体表現の分野を横断的に学び、実技・理論の両面から研究を行うことで、将来、芸術文化と社会の懸け橋となって活躍しようと希望する熱意ある学生を待っています。

芸術理論専攻(美術学研究室) 高橋 幸恵(平成25年3月卒業)
-やりたいことをとことん突き詰めることができる、自由で活動的なコース-

芸術理論専攻(美術学研究室) 高橋 幸恵(平成25年3月卒業)こんにちは、芸術文化コース美術研究室の高橋です。芸術文化コースは、理論や実技などを通じて芸術と社会の結びつきについて学ぶコースです。難しく聞こえるかもしれませんが、「どうしたら芸術をもっと身近に感じてもらえるか」「そもそも芸術とはどういうものなのか」ということを学生たちがそれぞれ美術や音楽、教育などの面から考え、模索する場です。卒業論文も学生たちが考える芸術や社会についてのものが多く、そこで取り上げた内容を卒業後の生活や仕事に活かします。学生は他のコースと比べると少ないですが皆とても仲が良く、先生や仲間と密に話し合う機会が多い本当にアットホームなコースです。

芸術文化コース担当教員

アートマネージメント専攻

氏名 職名 専門分野
三橋 純予 教授 アートマネージメント美術
閔 鎭京 准教授 アートマネージメント音楽

芸術教育専攻

氏名 職名 専門分野
阿部 宏行 准教授 美術教育
岩澤 孝子 准教授 表現教育
尾藤 弥生 教授 音楽教育

芸術理論専攻

氏名 職名 専門分野
一條 和彦 准教授 芸術学
福山 博光 教授 美術学

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで