Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学部・大学院 学部・大学院

ここから本文です。

芸術課程について

さまざまな芸術活動を通して、社会の活性化に貢献する人材を育成
Department of Fine Arts and Music

北海道から新たなアートシーンを発信します。
専門的実技教育に重点をおいた、音楽・美術各コースに加え、実践的・教育的・理論的な研究に重点をおいた、芸術と社会を結ぶ芸術文化コースを設けました。

私たちの求める人は

  • 音楽演奏や造形創作など、芸術活動を展開していくための技能を磨き、社会の中で指導的な芸術家となることを目指す人
  • 様々な芸術活動を社会の中に位置付け、豊かな文化生活を築いていくために、芸術活動と社会の架け橋となることを目指す人
  • 音楽、美術、演劇など、様々な芸術活動に興味を持ち、音や光、色、形、動き、言葉など、芸術創造の基本的諸要素について、理論的、あるいは実践的に深く考えてみたいと思う人
  • そして何よりも、芸術を深く愛し、創造的活動、あるいは鑑賞活動を追究したいと考えている人
  芸術課程  芸術課程  芸術課程

コースの種類と募集人員

芸術課程とは

芸術分野についての実践的、教育的、理論的探究を通し、広い視野と高い専門能力を培い、各自が展開する芸術活動を通して、地域社会において様々な文化・芸術シーンを演出できる人材を育成します。 そのため、従来の枠組みにとらわれない自由な芸術創造活動を可能とする「芸術プ口ジェクト」 科目を展開し、学生の自主的な社会的活動を奨励します。 卒業後は、創造的な芸術家であると同時に芸術文化の企画者・指導者として活躍します。
芸術課程コース 芸術課程コース 芸術課程コース

主な授業科目

科目区分 主な授業科目名
教養科目 日本国憲法 日本国憲法
体育科目 体育
倫理人権科目 倫理・人権
コミュニケーション科目群 外国語(英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語、イタリア語)、外国語コミュニケーション(英語等)
地域学科目群 北海道スタディズ(北海道の芸術、北海道の生活文化、冬季スポーツ)
人間・子ども理解に関する科目群 心理学入門、特別支援教育、音楽の魅力、美術の魅力
大学入門科目群 報機器の操作、アカデミックスキル、日本語の表現、自然科学の世界
現代を読み解く科目群 現代の芸術、社会教育計画
専門科目 課程共通科目 所属するすべての学生に、芸術全般と社会との関わりについて考えさせるための科目です。
特定の分野のとらわれないように配慮しています。
アートマネージメント基礎、芸術教育基礎、芸術理論基礎
コース
専門科目
コース共通科目 音楽コースは基礎訓練的な内容、美術コース・芸術文化コースはそれぞれの専攻の実技や研究についての基礎的な内容の科目です。
音楽コース/(必修)ソルフェージュ、合唱、合奏等
(選択)副科管弦打楽器、副科声楽、副科ピアノ等
美術コース/(必修)基礎造形I
(選択)基礎造形、日本画基礎、油彩基礎、書基礎等
芸術文化コース/アートマネージメント概論、美術教育概論、芸術学概論、音楽教育概論等
コース外科目 3つのコースの相互乗り入れにより、異なる領域に触れることで思考の多角化を図るための科目です。
専攻科目 各専攻の中核となる専門的な科目です。
音楽コース/声楽、ピアノ、管弦打楽器、作曲等
美術コース/書第一、造形表現、彫刻第一、陶磁、デザイン、空間造形等
芸術文化コース/アートマネジメント美術、音楽教育、芸術学等
芸術プロジェクト科目 芸術課程教員による特別講義・実習などの科目です。
また学外での芸術研究活動などを単位認定する場合もあります。
卒業研究 卒業年次に、指導教員の指導を受け専攻等の課題についての研究を作成します。 論文、演奏、創作(作品制作)の3種類があります。
研究発展科目
(全学連携科目を含む)
学生が、自主的に作成した学習プロクラムにもとづいて選択履修する科目です。
(専攻によっては、一部の授業科目の 履修を指定することがあります)
*各コースの教員組織には、専任教員のほか、非常勤講師や特任教授を配置しています。

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで