Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学部・大学院 学部・大学院

ここから本文です。

音楽コース

北の大地から音楽を発信し、地域の人々の絆となる音楽の世界を
芸術課程 岩見沢

ゆとり教育からの転換が教育界の命題になった昨今、『音楽すること』は緩んだ人間力を引き締めるもっとも有効な媒体です。『見えるものへの感覚』に支配されがちな現代人が、本来人聞が持っている『見えないものへの感覚』に改めて目を向けることで、人間一人ひとりの能力の開花を図ります。

教育内容の紹介

声楽専攻

声楽個人レッスンでは、日本の作品の他、イタリア・ドイツなどの西欧諸国の声楽曲に精通した専門教員を配置しています。また、声楽家と しての舞台表現の基礎を学ぶ科目が体系的に 配置され充実しています。2年次には講義として「オペラ舞台論」、3年次から演習科目「舞台表現演習」で舞台人としての身体表現の基礎を学び、4年次には様々なアンサンプルを「重唱」と いう科目で総合的に演習します。演習は試演会として発表します。上記科目以外にも学内外から広く研修生を募り、演出家を招聘してオペラワークショップ開催など、研鑽する場を多数展開しています。

鍵盤楽器専攻

鍵盤楽器専攻ソロとアンサンプル活動を重視した実践的な演奏法を学びます。1年生から各研究室に所属し、毎週ソロのレッスンを受けます。他に、ピアノ奏者として必要なアンサンプル法を学ぶ「伴奏法」、ピアノ指導者育成を目指した「ピアノ指導法」の授業は、実習を伴い、卒業後の就職にすぐに役立つ内容です。担当教員以外に芸術サポートチーム(本学大学院生修了生、在学生、卒業生)が加わり、活気のある授業を展開します。

管弦打楽器専攻

管弦打楽器専攻より高度な演奏技術習得のため、基礎力の充実に重点を置いています。そこでは、単なる技術的進歩というよりむしろ、全人的教育の観点から精神性と身体論との合致を目指しています。また個人技術向上と平行して、吹奏楽やオーケストラ、室内楽による合奏教育において、古典から現代へと幅広いレパートリーを味わうことで温故知新的創造性を養わせることをコンセプトとしています。

作曲専攻

エクリチュール能力と自由闊達な創造性、幅広い応用力の育成を目指します。「作曲理論」「作曲実技」の実習を通して伝統的な作曲技術習得と現代的創造を目指します。また、20世紀以降の音楽を研究する「現代音楽理論」や音楽におけるコンピュータの応用を考える「コンピュータと音楽」 、ポピュラー音楽を学ぶ「ポピュラー音楽理論」など、将来の幅広い活動を視野に入れた授業が用意されています。

卒業後の主な進路

中学校・高校教員、(株)ヤマハ音楽振興会、日本管財(株)、美幌町役場、明治安田生命、エルム楽器、札幌ドーム、日本生命、大学院進学、陸上自衛隊(音楽隊)、(株)リズムアート、庄内たがわ農協、仁木町役場、アイティ・コミュニケーション、(株)プライセン

メッセージ

コース長 作曲専攻 教授 二橋 潤一 -芸術的完成を養う-

コース長 作曲専攻 教授 二橋 潤一Ars longa vita brevis(芸術は長く、人生は短い) ということわざがあります。ヒポクラテスの言葉で、「優れた芸術は長い生命を持つが、人の一生は短い」というように解釈されますが、元々の意昧は「技術(医術)学ぶには長い時間を要するが、人生は短いものだから勉学に励め」 ということです。音楽においても、その技術の習得には多くの時間を必要とします。また、技術だけでなく幅広い教養を身につける必要があります。音楽コースでは、そのような技術の習得、教養を身に付けるために各専攻実技の充実したレッスン、ソルフェージュや音楽理論、オーケストラ、合唱等の豊富な授業を設けています。将来、様々な分野で活躍するための優れた芸術的表現力や創作力を育てる環境があります。また、学生たちの自発的な演奏会等が学内外で盛んに行われ、その活動は地域文化の振興に寄与しています。このような専攻を超えた様々な活動は、授業で学ぶ知識では得られない刺激となるでしよう。人生は短いですが、その中のー番多感な時期を音楽コースの充実した時間の中で過ごすこ とは、自分の芸術的感性を養い、それに永い命を与える ことになるでしょう。

作曲専攻 石見 奈都江(平成25年3月卒業) -いつも向上心-

作曲専攻 石見 奈都江(平成25年3月卒業)音楽コースでは、幅広く音楽を学ぶことが出来ます。専攻はもちろんのこと、副科の楽器に取り組むことで音楽の視野が広がります。私は副科のヴィオラでオーケストラに挑戦したり、ピアノで様々な楽器の伴奏をさせてもらうことによって、以前に比べると色々な角度から音楽を感じることが出来るようになりました。このような経験は専攻である作曲にも深く繋がってきます。また同じ学生の仲間たちと学内のホールで演奏会を行ったり、友人たちとボランティアとして施設に赴き演奏活動を行うことで、音楽のすばらしさや楽しさに改めて気づかされました、時には壁にぶつかることもありますが、音楽が溢れているこの環境で今後も音楽に向き合っていきたいです。

音楽コース担当教員

声楽分野

氏名 職名 専門分野
塚田 康弘 教授 声楽
野田 廣志 教授 声楽
服部 麻実 准教授 声楽

鍵盤楽器分野

氏名 職名 専門分野
水田 香 教授 鍵盤楽器
深井 尚子 准教授 鍵盤楽器
野呂 佳生 教授 鍵盤楽器
樋口 英子 准教授 鍵盤楽器
松永 加也子 教授 鍵盤楽器
二宮 英美歌 准教授 鍵盤楽器

管弦打楽器分野

氏名 職名 専門分野
阿部 博光 教授 木管楽器(フルート)
内田 輝 教授 弦楽器(ヴァイオリン)・合奏・室内楽
フリードリーケ・キーンレ 講師 弦楽器(チェロ)・室内楽
渡部 謙一 准教授 金管楽器(ユーフォニアム)・合奏

作曲分野

氏名 職名 専門分野
二橋 潤一 教授 作曲
南 聡 教授 作曲

岩見沢校音楽文化コ-スホームページ

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで