Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学部・大学院 学部・大学院

ここから本文です。

人間地域科学課程について

グルーバルな視野を持ち、幅広い知識と専門性を身につけた人材の育成
Department of Humanities and Regional Sciences

人間および地域の諸問題を教育研究する文理融合型の新しい課程です。人間と国際社会を深い愛情を持って見つめ、多様な価値観を理解することのできる人材を育成します。

私たちの求める人は

  • 人間や地域に強い関心を持ち、本課程の各専攻において高い専門性と豊かな教養を身につけようとする意欲のある人
  • 授業や書物・インターネット等によって情報を収集すると同時に、自ら情報を発信したり、地域や海外に出て活動しようとする行動力のある人
  • 様々な職業に興味を持ち、地域や国際社会の発展に貢献しようとする意欲のある人
人間や地域に強い関心を持ち、本課程の各専攻において高い専門性と豊かな教養を身につけようとする意欲のある人授業や書物・インターネット等によって情報を収集すると同時に、自ら情報を発信したり、地域や海外に出て活動しようとする行動力のある人様々な職業に興味を持ち、地域や国際社会の発展に貢献しようとする意欲のある人

専攻の種類と募集人員

函館校

人間地域科学課程の特徴は、文系・理系の枠組みを超えた専門教育と、学習を支えるアカデミックスキルを高める教育です。「人間発達」、「国際文化・協力」、「情報科学」、「地域創生」、「環境科学」という5つの専門領域に加え、副専攻科目群、特色のあるアカデミックスキル科目など、より広い視野を持つためのカリキュラムを用意し、個性的かつ豊かな想像力を有した人材を育成します。

国際文化・協力専攻
人間発達専攻
環境科学専攻
地域創生専攻情報科学専攻

主な授業科目

科目区分 主な授業科目名
教養科目 日本国憲法 日本国憲法
体育科目 体育I・II
倫理・人権科目 倫理・人権
コミュニケーション科目群 外国語(英語、ドイツ語、フランス語、中国語、ロシア語、スペイン語、ハングル、日本語)
外国語コミュニケーション(英語、ドイツ語、フランス語、中国語、ロシア語、スペイン語、ハングル、日本語)
地域学科目群 北海道スタディズ、アイヌ語、アイヌ民族と文化
人間・子ども理解に関する科目群 教育の基本問題、子どもの人権、心理学I~III、進路開発I~IV、学校と地域の教育史、法と心理学
大学入門科目群 情報機器の操作、研究基礎セミナー、プレゼンテーションI(連句)、プレゼンテーションII(絵画表現)
現代を読み解く科目群 遺伝子の生物学、水と空気の流れ学、英語で学ぶ数理科学、グローバリゼーションと地域社会、生と死の日本思想、人間と薬、韓国社会文化論、哲学入門、戦後ポップカルチャー史I・II、現代日本の笑い文化
専門科目 専攻共通科目 専攻に所属する学生全員が共通に持っておくべき知識を学ぶための科目、または専門分野を学ぶ基礎となる科目です。
教職論、国際協力・共生原論、情報社会論、地域計画論、環境科学入門等
専攻科目 専攻分野を深く追求し、専門性を高める科目です。
カウンセリング論、世界のODA、プログラミング入門、まちづくり論演習、生命環境野外実習等
副専攻科目 13の科目群から1つを選択履修します。他の専攻の科目を学ぶことにより、研究テーマを深めたり、個々人の能力を多岐に伸ばしたりすることなどができる科目です。
小学校教育研究科目群、人間理解と発達科目群、日本語・日本文化科目群、異文化理解・交流科目群、情報科学科目群、政策科学科目群、自治体と福祉行政科目群、生涯学習科目群、環境科学科目群、芸術系科目群、国際協力科目群、文学系科目群、自然科学科目群から1つ選択
卒業研究 卒業年次に、指導教員の指導を受け専攻等の課題についての研究論文等を作成します。
研究発展科目
(全学連携科目を含む)
学生が、自主的に作成した学習プロクラムにもとづいて選択履修する科目です(専攻によっては、一部の授業科目の履修を指定することがあります)。

本文ここまで