Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学部・大学院 学部・大学院

ここから本文です。

札幌 芸術体育教育専攻

生涯にわたり学び続け、子どもたちと共に成長する教員を目指す
芸術体育教育専攻

 「美術」・「音楽」「体育」の専門的な教育を通じて、主に義務教育を担う教員養成を目指す専攻です。「美術」・「音楽」・「体育」を専門的に学び、”生涯にわたり学び続け、児童・生徒と共に成長する教員”になるためのキャリア形成を支援します。

教育内容の紹介

図画工作・美術教育分野 

 「美術教育学」を中心として、図画工作・美術教員に必要な「絵画」、「彫刻」、「デザイン」、「工芸」、「美術理論・美術史」の5つの専門領域を幅広く学びます。それぞれの専門領域での造形活動や作品制作、美術鑑賞の学びを、小学校・中学校教育の中で、どのように生かすかを担当教員や講師の先生とともに考えていきます。また、多くの学校現場や社会との関わりを通して、図画工作・美術を専門教科とする教員としての資質・能力の向上を目指します。

音楽教育分野 

 音楽を通して、学校教育・人間の成長と発達・社会と文化について学ぶことで、教育を実践するための広い視野を身に付けます。また、音楽教育学を基盤にしながら、授業を実践していくうえで必要とされる「子どもを理解する力」・「学校を理解する力」・「音楽文化を理解する力」・「音楽を実践する力」を身に付け、子どもの学びや成長を目指す授業の作り方・実践の方法を学びます。
 

保健体育教育分野

 現代社会のニーズをふまえ、生涯にわたって健康を保持増進し、豊かなスポーツライフを実現することを重視した教育を目指します。その際、心と体をより一体としてとらえ、健全な成長を促すことが重要であることから、体育と保健を関連させて指導できる教員を養成します。
 また、学習したことを実生活や実社会において生かせるよう多角的視点から保健体育教育学を学び、学校段階の接続および発達の段階に応じて、指導内容を柔軟に整理できる能力を養います。
 

メッセージ

芸術体育教育専攻 図画工作・美術教育分野 橘 尚華 (1年)
 -教育者としての美術-

 27年4月に、芸術体育教育専攻が札幌校に新設されました。私の所属する図画工作・美術教育分野では、”表現者”として絵画作品や彫刻作品を制作するだけでなく、”教育者”として美術をどのように捉え、何を子どもたちに伝えるのかを日々学んでいます。

 ”学び手”の立場ではなく、”教員を目指す”立場からみた多様性に溢れる美術は、常に新しい発見の連続です。子どもたちの豊かな未来のために、私たちと一緒に「教育者としての美術」を学びませんか。
 

芸術体育教育専攻担当教員

図画工作・美術教育分野

氏名 職名 専門分野
佐藤 昌彦 教授 美術・工芸科教育
花輪 大輔 准教授 美術・工芸科教育
李 知恩 准教授 デザイン

音楽教育分野

氏名 職名 専門分野
石出 和也 准教授 音楽教育学
小林 美貴子 准教授 音楽教育学
寺田 貴雄 教授 音楽教育学

保健体育教育分野

氏名 職名 専門分野
石澤 伸弘 准教授 体育学
神林 勲 教授 運動学
中道 莉央 講師 体育科教育学

本文ここまで