Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学部・大学院 学部・大学院

ここから本文です。

札幌 特別支援教育専攻

多様な支援を必要としている子どもたちへの教育方法や関わり方について考えます
特別支援教育専攻

 特別支援教育を必要とする子どもは、決して特別な存在ではありません。特別支援学校・学級ばかりではなく、通常学級にも自閉症スペクトラム、学習障害、注意欠陥多動性障害など、特別な教育的支援をを必要としている子どもたちもたくさんいます。周囲の適切な支えがあれば、多様な可能性に向かって発達し続けるのです。特別支援教育専攻では、このような多様な支援を必要としている子どもたちへの教育方法や関わり方について学びます。

教育内容の紹介 -多様な知識とスキルを備えた実践-

 発達に課題を持つ子ども達に接する教師は、様々な知識 ・スキルを要求されます。本専攻では、障害児教育の歴史や各国の教育制度の比較といった教育学的内容、発達 ・認知特性を実験・課題的に検討する心理学的内容、さらには教育実践に直接役に立つ行動学的内容、さらに施設・就労など成人期における生活全般について検討する福祉的内容などの講義・演習を準備しています。
 また大きな持色として、「個人臨床」「集団臨床」などがあり 、実際に発達に課題を持つ子どもたちなどを大学に招き、本学のスタッフと学生によって直接支援する体制を整えていることです。学生が、子ども達の成長に寄り添いながら、支援の可能性を実体験として学んでいくこのカリキュラムは、真に実践力のある教師を育てるものです。

学びの流れ

  • 1年次
    子どもと触れ合う活動に積極的に参加しましょう。多種多様な文献をじっくりと読むことができる時期、この分野がどのような研究・経験を必要としているのか肌で感じましょう。
  • 2年次
    ふじのめ学級で教育実習を行います。現場での子どもたちとの触れ合いを通して、各自の興味を意識化する時期です。
  • 3年次
    特別支援学校での教育実習があります。また、より専門的な文献を調べるなど、研究方法を模索します。
  • 4年次
    卒業論文を書きます。テーマを絞り、調査・実験や文献研究を通じて、これまでの問題意識を具体化していきます。

メッセージ

特別支援教育専攻 教授 安井 友康 -個々のニーズに気づくことができる感性と対応力-

特別支援教育専攻 教授 安井 友康 学生時代に何をしますか?専門知識を蓄える?でも情報は更新され、使われてこそ生きるもの。そこで 「知識を得る力」 と「生かす(活かす)力」 を培って欲しいと思うのです。特別支援教育には、 実践力とともに、子どもの示す課題の本質を紐解く力が求められます。たとえば「障害とは何か」「発達のつまずきは、なぜ起こるのか」といった疑問に迫る幅広い学問の積み重ねです。そしてそこで得た知見を活かす場を知ることも大切です。 大学での臨床指導体験のほか、学校や福祉現場、地域での支援活動など多くの体験を通し、知識だけではなく、子どもが持つ個々のニーズの「本質に迫る力」を、養って欲しいと思っています。

特別支援教育専攻 4年 武田 裕加里 -仲間と学ぶ多様な教育実践-

特別支援教育専攻 教授 安井 友康 特別支援教育専攻は少人数ということもあり、普段の講義だけでなく実習も仲間と共に経験することができ、励まし合いながら取り組んでいます。同じ目的を持った仲間と学ぶことで、自分の学びもさらに深めることができます。3年生になるとゼミの活動が始まり、特別支援学校や福祉施設を訪問したり、障害児者を取り巻く環境について仲間と討論したりしています。先生方は熱心に一人ひとりに指導してくださいます。仲間と共に毎日充実した大学生活を送っています!
 

特別支援教育専攻担当教員

氏名 職名 専門分野
青山 眞二 教授 障害児心理
池田 千紗 特任講師 障害児の生理・病理
齊藤 真善 准教授 障害児心理
千賀 愛 准教授 障害児教育
三浦 哲 教授 障害児教育方法
安井 友康 教授 障害児教育

本文ここまで