Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学部・大学院 学部・大学院

ここから本文です。

札幌 養護教育専攻

児童生徒の健康を守るエキスパートを目指す!
養護教育専攻

 質の高い養護教諭の養成のためにきめ細かい教育を行っています。講義、実験、実習などを通して、児童生徒の日常の健康管理、疾病予防、健康問題の把握、さらに問題解決のための援助を的確に行うことができるように教育カリキュラムを組み立てています。

教育内容の紹介

 養護教育専攻では、児童生徒の心身の健康を守るために必要な基礎的知識や技術を積み上げ式に学んでいきます。主な科目は、以下のとおりです。
また、それらの知識や技術等を生かしながら、養護教諭としての実践的な指導力の向上を目指して、様々な実習や実験等も行います。さらに専門性を高めたい人には、大学院へ進学する道も開かれています。
生理学 養護概説 臨床実習
微生物・免疫学 健康相談活動 学校カウンセリング
小児医学 精神保健 微生物・免疫学実験
解剖学 衛生学 栄養・生理・解剖学実験
栄養学 公衆衛生学 衛生・公衆衛生学実験
基礎看護学 疫学統計学 臨床医学
学校看護学 救急処置 薬理学概論
学校保健 看護実習
 

学びのポイント

  • 1年次
    一般教養・教職を学ぶとともに、基礎医学の知識を身につけます。基礎実習では附属小・中学校の保健室で実務を 見学・体験します。
  • 2年次
    一般教養・教職を深めるとともに、基礎医学の実験、学校保健・衛生・公衆衛生学、精神保健、保健科教育法、基礎看護学、養護実践等が始まります。
  • 3年次
    臨床医学で養護教諭として必要な医学的知識を学ぶとともに、臨床実習を病院で行います。教育実習で養護実習と 中学保健実習の一部を行います。学校力ウンセリングやゼミ配属により専門性を高めます。
  • 4年次
    教育実習の後半とゼミ毎の卒論のまとめに務め、養護教諭としての実践力とコーディネートする力を身に付けます。

メッセージ

養護教育専攻 堀 友咲 (4年)
 -カリキュラムは大変、その分仲間と充実した学びの日々-

 養護教育専攻では、子どもの心身の健康とその支援について、医学・看護・教育などさまざまな角度から学びます。学年があがると、より実践力につながるカリキュラムが取られており、学校現場での実習にも多く取り組みます。必要となる専門知識が多く、たくさん勉強することはありますが、同じ目標を持った仲間と協力しながら取り組んでいくことに充実感を感じています。子どもの体と心、両面の健康を支援していける養護教諭を目指して頑張っています。

養護教育専攻担当教員

氏名 職名 専門分野
青井  陽 准教授 教育保健学、衛生・公衆衛生学
岡田 忠雄 教授 小児医学
佐々木 胤則 教授 教育保健学、栄養学
前上里 直 准教授 教育保健学、学校保健
山崎 隆恵 准教授 養護教育
山田 玲子 准教授 医科学看護学、基礎看護学
渡部  基 教授 教育保健学、学校保健

本文ここまで