Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

北海道教育大学基金 北海道教育大学基金

ここから本文です。

現在位置

基金創設の趣旨

優れた教師や地域社会に貢献する人材の育成を目指して

 北海道教育大学は全道に5つのキャンパスを有し、各地において学術文化の拠点として有為な教師育成を目的に長年にわたり地域に貢献してまいりました。
 しかし、21世紀の本学に求められる社会的課題は、教育の質の抜本的向上をはじめ地域に貢献する多様な人材の養成などさらに深く広いものになってきています。
 そこで、本学は、平成18年4月に、時代に即応した大胆な再編を断行し、質の高い教師の養成を担うキャンパスを強化しつつ、人間地域科学を探究するキャンパス、芸術・スポーツの中核を目指すキャンパスを創成し、新生北海道教育大学を誕生させました。
 その後、平成26年4月には、函館校に国際的視野と教育マインドを持ち、豊かなコミュニケーション能力を発揮しながら、地域を活性化できる人材を養成する「国際地域学科」を、岩見沢校に芸術やスポーツの文化価値を地域の様々な課題解決へ活用し新たな文化ビジネスへつなげる発想を持つ地域再生の核となる人材を養成する「芸術・スポーツ文化学科」をそれぞれ設置し、企業などにおいて即戦力として地域活性化に貢献できる人材を養成しています。
 教員の資質向上や地域社会に貢献できる人材の養成には、しっかりとした教育体制や教育環境の整備充実はもちろんですが、それだけでなく、学生自身の自発的で積極的な学習への取り組みを奨励・支援することも必要です。人づくりに直接関わる大学である本学にとって、このことは特段の重要性をもっています。
 具体的には、意欲的に本学での学習に励み、優れた資質を身につけようと努力している学生及び大学院生に対する、特別の奨学金支給などの支援策を強化することが求められています。
 また、次々と生じている学校現場におけるいじめ等の種々の課題に関して、地域貢献の立場から、機を逸することなく大学が特別のプロジェクトを起こし、その成果を地域と学校に広げていく必要性が強くなっています。
 以上の趣旨から、平成18年12月に基金を設立し、募金活動を実施してまいりました。引き続き、北海道における人づくりと本学に関心と関わりをもつ広汎な方々に、本基金に対してのご理解とご協力をお願い申し上げる次第です。


 
平成27年10月      
北海道教育大学長  

本文ここまで