Menu

北海道教育大学釧路校ホームページへ 北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

研究活動 研究活動

ここから本文です。

現在位置

研究のあゆみ

研究のあゆみ

第1期 (昭和44年~昭和49年)

昭和44年度 ※特に研究課題を設定せず、文献研究と各教官の個人研究を通しながら、研究の基礎的な方法の理解と確立に努める。
昭和45年度 
昭和46年度 授業公開及び講演会開催(11月17日)
◎ 研究主題 :「授業の最適化を志向する授業の実証的研究」
昭和47年度 附属学校共同研究会開催(6月6日)
昭和48年度 研究会開催(11月6日)
昭和49年度 研究会開催(11月14日)
◎ 研究収録『授業の最適化~アクションリサーチによる~』を公刊する。
◎ 初代校長奥野教授『授業材能の研究』を公刊する。
奥野教授開発のQ分類法による動因効果の測定は、本校における研究の最も重要な評価法として定着している。
◎ 研究主題 :「学習の最適化をめざして」

第2期 (昭和50年~昭和51年)

昭和50年度 研究会開催(11月6日)
昭和51年度 附属学校共同研究会開催(6月17日)
◎ 研究主題 :「学習の最適化~人間化の視点から~」

第3期 (昭和52年~昭和54年)

昭和52年度 研究会開催(11月11日)
昭和53年度 研究会開催(10月27日)
昭和54年度 研究会開催( 7月11日)
◎ 研究主題 :「協同体的学習意識の培い」

第4期 (昭和55年~昭和57年)

昭和55年度 附属学校共同研究会開催(6月13日)
昭和56年度 研究会開催(10月29日)
昭和57年度 研究会開催(10月22日)
◎ 研究主題 :「知力を高める教育」

第5期 (昭和58年~昭和60年)

昭和58年度 研究会開催(10月27日)
昭和59年度 附属学校共同研究会開催(6月14日)
昭和60年度 研究会開催(10月25日)
◎ 研究主題 :「個性を生かす教育」

第6期 (昭和61年~平成2年)

昭和61年度 研究会開催(10月17日)
昭和62年度 研究会開催(10月16日)
昭和63年度 附属学校共同研究会開催(10月18日)
平成元年度 研究会開催(10月20日)
平成2年度 研究会開催(10月18日・19日)
◎ 研究主題 :「学ぶ力を培う教育」

第7期 (平成3年~平成5年)

平成3年度 研究会開催(10月18日)
平成4年度 附属学校共同研究会開催(10月23日)
平成5年度 研究会開催(10月22日)
◎ 研究主題 :「自己成長を志向する生徒の育成」

第8期 (平成6年)

平成6年度 研究会開催(10月28日)
◎ 研究主題 :「自己の可能性をのばす創造的学習態度の育成」

第9期 (平成7年~平成8年)

平成7年度 研究会開催(10月20日)
平成8年度 附属学校園共同研究会開催(10月25日)
平成7・8年度文部省指定研究
◎ 研究主題 :「ともに学び・ともに認め合い、ともに生きようとする生徒の育成」

第10期 (平成9年~平成12年)

平成9年度 研究会開催(10月28日)
平成10年度 研究会開催(10月23日)
平成11年度 研究会開催(10月22日)
平成12年度 附属学校園共同研究会開催(10月20日)
◎ 研究主題 :「自らの学びをひろげる生徒の育成」

第11期 (平成13年~平成16年)

平成13年度 研究会開催(10月26日)
平成14年度 研究会開催(10月25日)
平成15年度 研究会開催(10月24日)
平成16年度 附属学校園共同研究会開催 (10月23日)
◎ 研究主題:「わかる喜びを実感できる授業の創造」

第12期 (平成17年~平成20年)

平成17年度 小中合同研究会開催(11月4日)
平成18年度 小中合同研究会開催(11月2日)
平成19年度 小中合同研究会開催(11月2日)
平成20年度 小中合同研究会開催(10月24日)
◎ 研究主題:「『生きる力』をはぐくむ義務教育のあり方」

第13期 (平成21年~平成23年)

平成21年度 研究会開催(10月23日)
平成22年度 研究会開催(10月21・22日)
平成23年度 研究会開催(10月20・21日)
◎ 研究主題:「『主体的に学びをひろげる生徒の育成」

第14期 (平成24年~平成25年)

平成24年度 研究会開催(10月24・25日)
平成25年度 研究会開催(10月24・25日)
◎ 研究主題:『「知る」から「わかる」へと導く授業の構築』

第15期 (平成26年~ )

平成26年度 校舎耐震化改修工事のため開催致しませんでした
平成27年度 研究会開催(10月22・23日)
平成28年度 研究会開催(10月20・21日)予定
◎ 研究主題:『自ら学ぶ意味を創造できる児童・生徒の育成』

本文ここまで