Menu

北海道教育大学釧路校ホームページへ 北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学校概要 学校概要

ここから本文です。

現在位置

 全国国立大学附属学校で最東端の本校は,厳しくも豊かな自然条件の下で保護者と先生方が協力して「たくましい北国の子」の育成に努めています。

本校は,丹頂の舞う豊かな自然を有し,水産,製紙,石炭を基幹産業として18万人の人口を擁する釧路市の東南,眼下に太平洋を望む住宅地に位置しています。白樺台の林の中には,かつて校舎周辺に群生していたオオバナノエンレイソウをはじめとする四季を代表する草花が釧路の短い夏に咲き誇ります。道立自然公園の海岸にも近く,その環境は自然体験学習の絶好の場となっています。

 現校舎は,昭和44年12月に新築落成し,北海道教育大学教育学部附属学校として附属中学校とともに同一キャンパス内に位置しています。連携した運営,研究交流を図りやすい環境に加え,新築当時から低学年ブロックには「プレイルーム」が設置され,学習活動に有効活用されてきています。平成6年にはインターロッキング工法による「青空広場」が,平成20・21年度には後援会から複合遊具,そして,平成22年度には市内には例がない巨大な「砂場」が寄贈され,「附小の森」の魅力がさらに充実し,子どもたちの体験学習の広がりを保障しています。さらには,平成18年度から教育大学釧路校が小学校教員養成を主たる目的として再編されたことを受け,平成21年9月に「新教育実践開発室」が完成し,多くの学生が本校で教育実習を行い,学びを充実させています。

 また,平成16年度から国立大学法人北海道教育大学附属釧路小学校と改称し,今年度で移行14年目,開校49周年を迎えます。



本文ここまで

ここからサブメニュー

  • アクセス
  • おといあわせ

サブメニューここまで