Menu

北海道教育大学札幌校ホームページへ 北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学級概要 学級概要

ここから本文です。

レインボーピック(小学校)

4日(水)が雨天のため延期になった、札幌市特別支援学級体育大会
『レインボーピック』が、6日(金)に、円山陸上競技場で行われました。
青空の中、気温も上がり、恵まれた天候の中で実施することができました。
午前中は、
開会式、組体操
1、2年生…50m走、玉入れ
3、4年生…80m走、綱引き
5、6年生…100m走、綱引き
そして、午前の部の最後は、よっちょれを踊りました。
午後は、
3~6年生が、400mリレーか障害物走「くぐってとんでゴールをめざせ」
の競技に出ました。
どの子も「1位をとりたい!」、「勝ちたい!」という強い気持ちで
競技に臨んでいました。
一生懸命取り組む子どもたちの姿は、大変素敵でした。

學藝会(小学校)

20日(金)児童公開日
21日(土)保護者公開日が行われました。
今年の演目は、『ふじのめ おむすびころりん』でした。
原作をアレンジし、オリジナルストーリーで行いました。
バック絵もみんなで協力して作りました。

おじいさん、おばあさんがおにぎりを食べようとすると、転がっていき穴の中へ。
穴の中に入ってみると、ねずみともぐらがいました。
ねずみともぐらが、転がってきたおにぎりの奪い合いをしていると、
神様が怒って、穴の扉をふさいでしまいました。
神様を笑顔にするために、ねずみはダンスを、もぐらは一発芸をするも
笑顔にならず、扉は開きません。
そして、みんなで仲良く歌を歌うことに。
すると、神様は笑顔になり、扉を開けてくれました。
「仲良くすると、みんなが笑顔になるね。」という
メッセージを込めて演じた『ふじのめ おむすびころりん』。
3週間の練習の成果を子どもたちは出し切り、最高のパフォーマンスで素敵な劇を
創り上げました。學藝会終了後は、子どもたち全員が達成感をもち、思い出に残る
學藝会となりました。

JICA研修生との交流会(小学校)

25日(水)、JICAの研修生15名の皆さんと、
交流会を行いました。
英語で自己紹介をしたり、歌やゲームをしたりして、
楽しい時間を過ごしました。
言葉は通じなくても、歌やゲーム、そして、同じ時間を
一緒に過ごすことで、心が通じ合うことができました。

やきいもパーティー(小学校)

31日(火)、ふじのめ学級の畑で収穫したさつまいもを使って、
やきいもやきいもパーティーをしました。
低学年は、さつまいもを新聞紙でくるみ、水で濡らして、
アルミホイルを巻いて準備をしました。
高学年は、畑に穴を掘り、炭とみんなで事前に集めた落ち葉を入れて、
火をおこしました。
みんなで仕事を分担して、協力してできたやきいもはとても美味しかったです。

学長先生からの手紙(中学校)

9月に北海道教育大学の蛇穴治夫学長が、ふじのめ学級の様子を見学に来てくれました。その際に、各作業班の作業の様子を見てもらいました。蛇穴先生がお買い上げいただいた製品と、生徒たちがしたプレゼントについてお手紙をくださいました。ありがとうございました。

合唱祭(中学校)

31日(火)に合唱祭がありました。D組は「Song is my soul」という歌を歌いました。本番まで、他学級と合唱交流会をしたり、仲間と聴きあう活動をしたりしながら合唱に取り組んできました。姿勢のこと、声の大きさのこと、声を合わせるところなど、たくさんのことを仲間と考え、全力を尽くしてきました。当日は、練習の成果を十分に発揮し、体育館中に歌声を響かせていました。賞は銀賞でした。歌い終えたこと、そして銀賞をもらったことに、全員で喜びました。審査員からは、「整列・姿勢・視線・表情から全員の一生懸命さと、気持ちをそろえて合唱に取り組んできたことが感じられました。口をしっかりとあけてタイミングをそろえることで、言葉がはっきりと聞こえ、歌詞にこめられたメッセージが十分に伝わる演奏になりました。」と講評をもらいました。応援に来てくださった皆様、ありがとうございました。
  




 

本文ここまで

ここからサブメニュー

  • ふじのめ学級へのアクセス
  • 電話でのお問い合せ

サブメニューここまで