Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学科紹介 学科紹介

ここから本文です。

地域福祉分野

平成25年度で学生募集を停止しました

誰もが自分の可能性をひろげられる「地域社会」の実現に貢献できる人づくりのために

何を学ぶのか

地域福祉分野1地域福祉分野では、一人一人の人間に心を寄せることのできる人、幼年期から老年期にわたるライフステージにおいて生じる問題を解決できる能力を身に付けた人、地域社会の発展に貢献できる人を目指し、幅広い教養と社会福祉士をはじめとしてさまざまな深い専門性を本人の将来の進路に沿って学んでいきます。
具体的には、社会福祉士の資格を取得し、対人援助のための教養と専門性を身に付け、地域社会に貢献したいと考えている人には、社会福祉士に対応した実習教育を含むカリキュラムを基礎に学習を進めていきます。また、中・高の社会科教員や福祉行政職など各自の関心や進路希望に応じた幅広い学習のための選択科目の充実を図っています。

目指す人材

地域福祉分野2地域の福祉は、人間的な住宅環境、雇用の創出と確保、高齢者や障がいをもつ人の支援、保育・教育の保障から農林漁業・中小企業・地場産業の育成、まちづくりに至るまで、広範囲のつながりをもって実践されます。
自治体の福祉行政部門や社会福祉施設の職員はもちろん、医療や教育機関、あるいは国際的な活動などさまざまな領域で地域社会のコーディネーター(ひとと社会をつなぐ人)として活躍できる人材の育成を目指します。

カリキュラムの特色

1年次から卒業まで一貫した少人数ゼミナール形式の学習を継続し、様々な社会問題への関心や問題意識の醸成を通して、その解決に向けた基本的な考え方や実践的方法を身に付けていきます。特に3年次からは、それまでの幅広い基礎的な学習を基盤とした専門分野別のゼミナールへと移行していきます。
また、地域福祉分野の特徴として、「社会福祉士」の養成を基礎にすえた現場実習教育があげられます。3・4年次の現場実習を中心に準備教育から事後教育まで少人数での丁寧な指導を行います。

地域創生専攻のカリキュラム

分野専門科目群

地域福祉分野3ソーシャルワーク論I~IV/高齢者福祉論I・II/障害者福祉論/児童福祉論/地域福祉論I・II/家族福祉論/医療福祉論/精神保健学 など

実践・研究領域について

地域福祉分野4社会福祉の学習に欠かせないのが実践的な学びの場です。地域福祉分野では、実習教育を通した函館市内及び近郊の社会福祉団体や機関との連携を活かし、より実践的な学習の場を学内外で数多く提供しています。
また、学生サークルなど自主的な地域活動への参加やボランティア活動などが盛んに行われ、多様なフィールドを通して学びの場を広げています。
分野所属の教員は、日頃から「現場」との関わりをもち教育・研究活動を行っていますので、実習教育や卒業研究のみならず皆さんのめざす多様な進路や幅広い関心に合わせたサポートを行っていきます。
 

教員紹介(五十音順)

岩崎 清(生活福祉学・高齢者福祉論)
外崎 紅馬(社会福祉)
中村 直樹(児童福祉)
廣畑 圭介(社会福祉学・障害者福祉論)
藤井 廣美(家族関係学)
森谷 康文(社会福祉学・精神保健福祉論)

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで