Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学科紹介 学科紹介

ここから本文です。

現在位置

情報デザイン分野

平成25年度で学生募集を停止しました

人々の心を動かすデザインを通じ、視覚的にコミュニケーションする。

何を学ぶのか

情報デザイン分野1情報デザイン分野は、情報と情報、情報と人、人と人との関係を理解し、情報を分かりやすく目に見える形にすることを目指します。また、新しいメディアやテクノロジーだけでなく、視覚表現、機能表現、メディア表現の3領域からの感性情報を学びます。
豊富な経験・実験を通して学んだ感性情報を生かし活用できる人材を育成することを目標とします。

目指す人材

情報デザイン分野221世紀情報化社会の新しい主役としての情報デザインを導いていく人材の育成を考えます。第一に、統合的思考能力と創意性を備えた人材、第二に、コミュニケーション能力を備えた人材、第三に、実用的技術と問題解決能力を備えた人材の育成を計ります。
即ち、習得した知識と経験を生かし、情報社会の様々な分野への応用・企画・提案できるデザイナーを育成することを目的とします。同時に人の心を理解する、責任感のある人間育成を目指します。本学科は創作自体に意味を持つ情熱のある学生にも適合します。

カリキュラムの特色

情報デザイン分野では、デザインや芸術の視点から「情報表現」に関する教育・研究を行います。視覚表現、機能表現、メディア表現の3領域の理論と実技を学び、「感性」と「ディジタル・テクノロジー」の融合を目指します。
視覚表現領域では「みやすさの設計」、機能表現領域では「つかいやすさの設計」、メディア表現領域では「わかりやすさの設計」をそれぞれ主眼に、情報化社会にふさわしい美的表現・情報メディアの特性を活かした情報デザインのあり方について研究します。

情報科学専攻のカリキュラム

分野専門科目群

情報デザイン分野3情報表現基礎/メディア表現入門/機能情報表現基礎I・II/視覚情報表現基礎I・II/情報デザインI~III/機能情報表現概論/視覚情報表現概論/情報デザイン総論/機能情報応用I・II/視覚情報表現応用I・II など

実践・研究領域について

情報デザイン分野4情報デザイン分野の卒業性は、デザインの理論や実技を兼ね備えた視覚情報デザイン専攻者として、デザイン専門会社・企画会社・放送局・総合広告代理店・ウェブエージェンシーなどでグラフィック・エディトリアル・アドバタイジング・アイデンティティ・ウェブ・ゲームなど多様な分野を担当する専門デザイナーに進出することができます。
実技とともに理論的研究と論理的発想教育を通じ、デザインキュレーター・展示企画・デザインプランナー・デザインマネジメント専門家などに進むこともできます。
または、各自の能力により、デザイン研究所、大学院進学、留学などで進路を定め、深い学問的研究を継続していくことも可能です。
 

教員紹介(五十音順)

李 知恩(情報デザイン)

分野・研究室などのサイト

北海道教育大学函館校 情報デザイン分野

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで