Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学科紹介 学科紹介

ここから本文です。

現在位置

日本語・日本文化分野

平成25年度で学生募集を停止しました

日本語と日本文化について見つめ直し、その魅力を世界に伝えよう!

何を学ぶのか

日本語・日本文化分野1日本の言葉と文化について、あらためてしっかりと見つめ直すために必要な知識や方法、考え方などを学びます。また、日本の言葉や文化の持つ可能性や魅力を国際社会に向け的確に発信するための能力を身につけます。
そのために、日本の言語・文学・思想・芸術・芸能等の特質や背景などについて、他国との比較やフィールドワーク研究も深め、多面的な視点から捉え直すとともに、日本語コミュニケーション能力を磨くことに力を注ぎます。

目指す人材

日本語・日本文化分野2日本の言葉と文化を、幅広い視野からしっかりと見つめ直し、国際社会に向け的確に発信できる人材の育成を目指します。
具体的には、たとえば、こんな夢をもつ人たちにぴったりの分野です。
  • 日本の言葉や文化を広く世界に伝えたい人
  • 国内外で日本語教育に携わりたい人
  • 日本の言語・文学・芸術などについて、広く深く研究してみたい人
  • 中学・高校の国語教員になりたい人

カリキュラムの特色

1年後期からゼミ(各専門の教員・学生だけによるアットホームかつ専門的な授業)が始まるので、一足先に専門的な内容を学ぶことが出来ます。日本文化に関わるフィールドワーク系科目や、日本語教育に関わる実践的な科目が充実しているのも特徴です。
また、「日本語教師養成プログラム」の履修や、中・高の国語教員の免許取得が比較的容易なカリキュラムになっているのも大きな特色です。

国際文化・協力専攻のカリキュラム

分野専門科目群

日本語・日本文化分野3日本語学概論I・II/日本語教育法I・II/日本語教育実習I・II/日本の詩歌/文学理論入門/日本古典文学史/日本近代文学史/日本東洋美術史/フィールドワーク日本芸能研究/児童の言語文化/日本の漢字文化/書写実習/日本文化遺跡踏査/日本語・日本文化ゼミナールI~VI など

実践・研究領域について

日本美術史ゼミ

日本語・日本文化分野4 道南には、北海道では数少ない近世以前の美術資料も残っています。それらを継続的に調査・研究し、一般に公開するという活動を、地域の寺院・美術館・博物館と連携しながら行っています。

日本語教育支援実習I

学内での事前指導を経て、日本語教育機関で実習を行い、実習後再びリフレクションと総括の時間を持つ、という実践的な科目です。
 
教員紹介(五十音順)
伊藤 美紀(日本語教育)
小栗 祐美(日本美術史)
小林 真二(日本文<近現代>)
杉浦 清志(日本文学<古典>)
内藤 一志(国語教育学)

分野・研究室などのサイト

北海道教育大学函館校 古典文学研究室

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで