Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学科紹介 学科紹介

ここから本文です。

現在位置

廣畑 圭介 先生(社会福祉学/障害者福祉論)

廣畑 圭介 先生Q1:出身地は?
A1:広島県尾道市(しまなみ海道の「向島」という島の出身です。)

Q2:出身高校と最終学歴は?
A2:出身高校は広島県立尾道北高等学校、最終学歴は熊本学園大学大学院社会福祉学研究科(修士課程)です。

Q3:大学時代の夢は?
A3:特別養護老人ホームで介護福祉士として介護の役割を担うことと、父親になること。そして、子どもが20歳になって、一緒にお酒を飲むこと(あと10年ほどで実現します)。

Q4:なぜ大学の先生になったのですか?
A4:大学時代の恩師に勧められて採用試験にチャレンジしたら、運よく採用してもらえたからです。

Q5:研究テーマをわかりやすく言うと?
A5:「障害」のある人の生活における「社会的不利益」という意味での「障害」を具体的に明らかにすることと、「障害」のある人が地域生活をしていくための条件や環境について、探究しています。

Q6:10代のうちにこれだけは読んでおくべきという本は?
A6:神谷美恵子『生きがいについて』(みすず書房、1980)

Q7:学生時代の印象に残るアルバイトは?
A7:5年間続けたレストラン(イタリア料理)でのアルバイトです。そこで、妻に出会いました。

Q8:趣味は?
A8:お酒を飲んで人と語ること(年中)、家庭菜園(函館市の菜園事業で畑を借りて春から秋のあいだでやっています)、バイクで旅をすること(最近はできていませんが・・・)

Q9:受験生へメッセージ!
A9:大学は、大学においての「自由」を楽しむところだと思います。大学での生活、とりわけ地域政策グループでの生活は、フィールドワークやゼミでの活動を通して、様々な出会いや学びができると思います。
 
北海道教育大学 研究者総覧
廣畑 圭介 先生

本文ここまで