Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

キャンパス紹介 キャンパス紹介

ここから本文です。

現在位置

キャンパス長挨拶


北海道教育大学函館校キャンパス長
   後 藤 泰 宏

国際性を磨き、地域とつながり、地域から社会に貢献を

  函館校は、1876(明治9)年に開校した官立函館小学教科伝習所を前身とし、1914(大正3)年に北海道函館師範学校として始まりました。以来、数多の優秀な教員を養成し、社会のいろいろな分野で活躍する人材を輩出してまいりました。そして2014(平成26)年には、これまでに培った人材養成のノウハウを生かし、教員のみならず地域のために貢献できる人材を幅広く育成するために、『国際地域学科』として新たなスタートをきりました。今年度、学科の1期生は3年生となり、これまでの2年間で蓄えてきた基礎力と教養をもとに、専門性を深めていこうとしています。

 函館校の目指す人材養成像は、一言でいうと、国際的な視野と教育マインドを持って社会で活躍できる人材です。それは地域の再生を担う人材、国際的に羽ばたける人材、そして、教員や指導員として地域の教育や社会福祉に貢献できる人材などです。
 
 国際的な視野を広げるためには、語学力を継続的に向上させ、諸外国の最新の事情を知るとともに異文化を理解することが大切です。短期・長期の留学や研修を通じて、外国の文化を肌で感じてもらいたいと思います。一方、教育マインドは、北海道教育大学の柱となる心構えであり、その涵養は函館校開学時から変わっておりません。教員になる、ならないにかかわらず、思いやりの心、人を育てる心、仲間と助け合う心を育んでいきます。

 国際観光都市「函館」での学生生活を通して、地域で活躍できる、あるいは、地域の教育に貢献できる、さらには、外国で働くことのできるスキルと知識を持った人材を輩出します。
 

本文ここまで