Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

音楽分野 音楽分野

ここから本文です。

地域貢献としての音楽演奏「道北おとぼけキャラバン」を5地域で行いました

2018年5月29日

 「演奏の出前」「芸術の普及」「需要の発掘」を目指した、アウトリーチによる地域貢献としての音楽演奏「道北おとぼけキャラバン」は、へき地をはじめとする地域の方々、および、教員養成課程の学生の双方に対して意義をもったものにしたいと考えています。
 参加した学生の意識には、〈①その地域を訪れ、音楽演奏を行うことで、地域に対する「興味・関心」「愛着・親近感」が高まる〉〈②演奏以外の事柄に不安を抱えたり、実践を反省することを通して、「教員としての資質や能力」が高まる〉〈③「演奏」「演奏以外のこと」の両方に不安を抱えて実践に臨み、実践後に演奏以外のことについて肯定的な感想を抱くことで、「継続したい」という気持ちが育まれる〉といった変化が見られます。
 さらに、今年度、音楽アニマシオンとしての活動を計画し、現場の先生方の、演奏者としての感覚のリフレッシュも目指しました。

 公演は、弟子屈町立和琴小学校(5月25日)、帯広市立豊成小学校「「きかんこクラブ」(5月26日)、様似町立図書館(5月27日)、新ひだか町こうせい児童館(5月28日)、旭川市立近文小学校(5月29日)と連続して5地域で行いました。

 なお、この様子は、以下のホームページにも掲出してございます。
https://blogs.yahoo.co.jp/dohoku_ongakukyoiku_kenkyujo/58108791.html


本文ここまで