Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

地域協働推進の取り組み 地域協働推進の取り組み

ここから本文です。

現在位置

『地域プロジェクト』の授業の一環により上映会を開催します【11月27日開催】

2016年11月15日

 平成28年11月27日(日)、地域プロジェクトの授業で学生が取り組んでいる「道南地域のユニバーサル化プロジェクト~映画を通した実践と社会教育~」の集大成として、下記のとおり上映会を開催します。
 この上映会は、「障害」のある人や子育て中の人でも映画を楽しめるように、ユニバーサルデザインの考え方をもとに環境設定に工夫を凝らした北海道ユニバーサル上映映画祭実行委員会主催の映画祭の取り組みの一つです。
 みなさんのご来場をお待ちしております。
 

 
○日  時:平成28年11月27日(日) 10:00~
○場  所:函館市総合福祉センター あいよる21 5F
○料  金:前売り800円  当日1,000円
○上映作品:『あん』(監督 河瀨直美 主演 樹木希林 永瀬正敏 他)
 
<上映作品紹介>
河瀬直美監督が、女優樹木希林を主演に迎え、ドリアン助川の同名小説の映画化。2015年に公開。第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の出品作であり、同部門のオープニング作品として選ばれました。
縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…
(公式サイトより抜粋)
○学生主催企画:『障害について考えよう! 映画感想トークセッション』
<企画内容>
ユニバーサルな環境で観た映画の感想を共有化し、「障害」の問題を考える企画となっています。当日、感想や考えたことを用紙に書いていただき、それをラジオ番組風に司会とコメンテーターが観客全体に紹介するコーナーです。

○当日のタイムスケジュール
09:45 開場
10:00~11:55 『あん』 午前上映
13:00~13:45 学生主催企画『障害について考えよう!映画感想トークセッション』
14:00~15:55 『あん』 午後上映
16:00 終了予定

○主催:北海道ユニバーサル上映映画祭実行委員会
共催:北海道教育大学函館校(地域プロジェクト<山岡、廣畑担当>)
日本福祉のまちづくり学会北海道支部

○チケットは本地域プロジェクト参加学生、または松柏堂プレイガイドにて販売中。

○お問い合わせ先
UD企画函館 橋本 和幸(0138-55-1855)または
北海道教育大学函館校 廣畑研究室(0138-44-4463)まで
 

 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで