Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

国際化推進の取り組み 国際化推進の取り組み

ここから本文です。

現在位置

本校学生が函館市長とのタウントーキングに参加しました

2017年5月31日

 5月29日(月)、函館市民と市長がまちづくりについて意見交換する「市長のタウントーキング」が市役所で開かれ、函館校の「函館国際化プロジェクトチーム」の学生7人が参加しました。
 函館国際化プロジェクトは函館校の藤巻秀樹教授が担当する地域プロジェクトで、市内在住の外国人にインタビューし、外国人の目線から函館の国際化を考える調査活動を進めています。
 当日は学生が調査結果を工藤壽樹市長に報告するとともに、
  ①函館のまちづくりを外国人住民とともに考える「多文化共生円卓会議」の開催
  ②市内の小中学校で函館在住外国人がそれぞれの国の文化について教える異文化理解講座の開講
  ③市が主催する技能実習生と市民の交流会の実施
などを提言しました。
 学生の報告を熱心に聴いた工藤市長は、技能実習生も含めた外国人住民と市民の交流会の開催に前向きな姿勢を示すなど、提言の一部を函館市政に活かす考えを表明しました。工藤市長と学生の懇談は函館の活性化や多文化共生の在り方をめぐり、熱を帯びた議論が続き、当初予定していた時間を大幅に超過し、1時間にも及びました。プロジェクトチームは7月までに調査を終了し、最終報告書をまとめますが、今秋以降は市役所や市内の国際交流団体と連携し、提言の実現に向けた活動をする計画です。


               △  タウントーキングの様子  △

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで