Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

国際化推進の取り組み 国際化推進の取り組み

ここから本文です。

現在位置

本校の学生とシンガポールの学生が交流しました

2017年10月17日

 平成29年10月6日(金)、函館校大会議室においてシンガポールからの学生(「21世紀東アジア青少年大交流計画」JENESYSプログラム参加学生)と函館校の学生が情報交流および意見交換を行いました。
 「21世紀東アジア青少年大交流計画」JENESYS プログラムとは、"Japan-East Asia Network of Exchange for Students and Youths”の略称で、大規模な青少年交流を通じてアジアの強固な連帯にしっかりとした土台を与えるとの観点から、日本政府により進められる事業であり、今回の交流はその一環で行われたものです。
 午前中は、本校伊藤美紀准教授より、本校の特色や日本語教員養成プログラムの説明を行いました。シンガポールの学生たちは熱心に聞き、とりわけ本校のマルチメディア国際語学センターについては、大変興味を持っていただき、利用方法についての質問もありました。
 午後は、伊藤美紀研究室の学生らが、日本文化の紹介を英語で行いました。紹介したテーマは、「折り紙」、「剣道」および「函館の七夕」でした。「折り紙」では、実際に本校の学生とシンガポールの学生が一緒に「おりづる」を折り、大変盛り上がりました。
 その後、佐藤香織研究室と高橋圭介研究室の学生も加わり、グループに分かれてディスカッションを行いました。ディスカッションでは、日本とシンガポールの生活習慣の違い等について、学生目線での意見交換を行うことができました。

                   △ 交流の様子 △

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで