Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

国際化推進の取り組み 国際化推進の取り組み

ここから本文です。

現在位置

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムに本校学生が採択されました

2018年7月10日

文部科学省と日本学生支援機構及び民間企業が連携して実施する「平成30年度後期(第9期)官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~」に地域協働専攻国際協働グループ4年の佐野晃さんが採択されました。

 このプログラムは、8日以上の海外留学をして、現地でボランティアやインターンシップ等の実践活動を行う学生を支援する制度です。審査にあたっては、全国多数の応募者の中から1次審査である書類審査と2次審査である文部科学省との面接を経て採択者が決定されるもので、北海道教育大学で初の採択者となりました。
 このことにより、佐野さんはロシアのヴィトゥスベーリング記念カムチャッカ国立大学への10ヶ月間に及ぶ海外留学の支援を受けることになります。

 決定の通知は、後藤キャンパス長から佐野さんへ伝えられ、その後、佐野さん、指導教員である佐藤香織講師、同ゼミの学生と懇談を行いました。
 佐野さんからは、「ロシアへの海外留学を通じて、日本とロシアの歴史やロシアが日本に何を求めているのかを学び、将来は、ロシアとの橋渡しになるような人材になりたい。」との抱負が述べられました。
 これを受けて後藤キャンパス長は、佐野さんへの今後の活躍を期待するとともに、函館校から、このプログラムに採択されるような意欲的な第2、第3の学生が出てくることを期待していました。
 

 
  ▲後藤キャンパス長と懇談する佐野さん▲    ▲左より 佐藤ゼミの布川侑加さん・佐藤香織講師▲
                         佐野晃さん・後藤キャンパス長・ 同ゼミの野坂実央さん

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで