Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

HATOプロジェクトPD講座第1講「大学における教員養成」を開催しました

2017年8月10日

 本学が愛知教育大学・東京学芸大学・大阪教育大学と連携して行っている事業「HATOプロジェクト」の一環である研修・交流支援部門では、教員養成大学に勤務する教職員に固有かつ必須に求められる力量を伸ばす8講座を開発し、「教員養成ならではのPDプログラム」として実施しております。
 このたび、他の教員養成に関わる高等教育機関等に向けて本講座を公開することとなり、東京学芸大学名誉教授・特命教授である三石 初雄氏を講師に迎え、第1講「大学における教員養成」を実施しました。
 本講座では実践力を備えた教員養成のために教職員に求められる力とは何かをテーマとして、教員養成系大学・学部の特徴や変遷の歴史とその背景、現在の課題など、様々な視点からお話しいただき、高度実践型教員の養成のために教員養成系大学としてできること・求められている役割は何なのかについて問題提起をしていただきました。
 当日は本学教職員のほか、道内の大学からも多くの参加者が参加し、熱心にメモを取ったり、大学の授業での実践の取り入れ方についての質問が出るなど、今後の教員養成について深く考える有意義な機会となりました。

※HATOプロジェクトとは、国立教員養成系単科大学のうち大規模な4大学(北海道教育大学、愛知教育大学、東京学芸大学、大阪教育大学(各大学の頭文字をとって「HATO」))を中心に、教員養成大学が共通して抱える諸課題を協働で解決できる体制を整備するとともに、全国の教員養成系大学・学部とのネットワーク化を図り、日本における教員養成の高度化支援システムを構築することを目的としています。
 正式名称は、文部科学省国立大学改革強化推進補助金事業「大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築―教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト―」(平成24年度~平成29年度)です。
参考:http://hato-project.jp/

※PDとは、プロフェッショナルディベロップメントの略で、教職志望の学生の教育と学習支援を中心に置きながら、教師教育(教員養成教育と現職教員教育)ならびに教育支援者等の専門職性向上に携わる、教職協働による大学教職員(附属学校教員を含む)の職能開発、教職員の専門職化を目指した自律的・内発的な活動を指すものです。
※その他、HATOプロジェクト教員養成ならではの教職員PD研修プログラムの詳細については、別添パンフレットをご参照ください。
 ○教員養成ならではのPDプログラム(パンフレット)

        

 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで