Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

平成30年度北海道教育大学基金育英事業奨学金授与式を挙行しました

2018年7月25日

  平成30年7月19日(木)、各キャンパスをテレビ会議システムで繋ぎ、北海道教育大学基金育英事業奨学金授与式を挙行しました。
  授与式には、基金運営委員会学外委員で本学経営協議会委員の柿沼博彦氏がご出席され、本学からは、奨学生のほか、学長、理事、副学長、キャンパス長、教職大学院長、学校臨床心理専攻長等が出席しました。
  この奨学金事業は、教師や地域社会の様々な分野で活躍しようと勉学に励む学生を支援するため、平成18年12月に創設された北海道教育大学基金(当時は教育支援基金)の育英事業として実施しているもので、今年度は、学部学生の成績優秀者15名及び大学院生の成績優秀者10名、計25名に奨学金が授与されました。
  なお、奨学金の対象者は、教員養成課程、国際地域学科地域教育専攻及び大学院(修士課程・専門職学位課程)においては将来教員を志望する学生を、また、国際地域学科地域協働専攻及び芸術・スポーツ文化学科においては世界や地域での活躍が見込まれる学生を、前年度のGPA(成績平均値)の高い者から順に選考しております。
  授与式では、蛇穴学長から奨学生へ、「この奨学金には、本学の学生に、将来の北海道を背負う立派な人材に育ってほしいという期待と激励の思いが込められており、このことを心に留めて、将来の目標に向かって強い意志をもち、勉学や自己研鑽に励んでいただきたい。」(全文は下記参照)と激励の言葉がありました。
  また、奨学生を代表して石塚日向子さん(教員養成課程・学校教育専攻4年)から「奨学金を授与していただきありがとうございます。奨学金は、以前から関心のある「子どもホスピス」の活動に生かしたいと考えており、北海道で生きる病気や障害のあるお子さんについての理解を深めるため、知識や研究方法をさらに探求するために使わせていたただきたい。これからも探求心を忘れず、あせらず、たゆまず、おこたらず努力を続けていきます。」(全文は下記参照)と謝辞が述べられました。

   
  (蛇穴学長の挨拶)                          (奨学生による謝辞)



(札幌校)

   
(旭川校)                                        (釧路校)

   
(函館校)                                         (岩見沢校)
 
平成30年度北海道教育大学基金育英事業奨学金授与式 学長挨拶

  各キャンパスの皆さん、こんにちは。学長の蛇穴です。
  平成30年度北海道教育大学基金の育英事業奨学金授与式を始めるにあたりまして、一言ご挨拶申し上げます。

  本日、ここに皆さんが居られるということは、皆さんの勉学にいそしむその姿勢が、日頃から非常に意欲的・積極的であって、かつ、実際に努力を重ねてこられた、その成果が現れたということを物語っています。そのことに対して、まずは敬意を表します。
また、本日、その成果が認められ、この奨学金の授与を受けることになり、大変おめでとうございます。

  この北海道教育大学基金は、平成18年12月に「教育支援基金」という名称で始まりました。当時の寄附者の切なる願いがまずあって設立することができたわけですが、その願いとは、「本学において意欲的に勉学に励むことで優秀な成績を修めた学生を支援して、将来、学校あるいは地域社会で活躍する優秀な人材を育ててほしい」というものでした。それから12年間続いてきたわけです。それはひとえに、この趣旨にご賛同いただいた企業・団体、同窓会、本学教職員、卒業生・修了生そしてその保護者の皆様を始めとする多くの方々からの寄附があったからこそ続けてくることができたわけです。寄附の総額は、昨年度末現在で1億3,600万円に達しています。そして、寄附者の皆様からいただいた寄附金を原資として、これまでにのべ600人以上の学生に奨学金を授与してきました。この間、基金の名称を変更したことを先ほどお話ししましたが、それは「教育支援」ということだけにとどまらず、基金事業の内容を広げて一層の充実を図ることを目指したからです。それにより、現在は学生表彰や、経済的理由により修学困難な学生に対する授業料の減免及び奨学金の給付、並びに学生の海外留学に係る渡航費用の一部補助、あるいは、特定の研究プロジェクト又は公開講座等開催に対する支援なども行っています。
  ただ、寄附文化が根付いていないこともあり、思うように事業の拡大が進んでいないこともまた事実です。実際、この北海道教育大学基金による奨学金制度を知らなかったという学生も少なくありません。もっとこの基金事業について理解を求めていかなくてはなりません。
  その一方で、本学にぜひ寄附したいと思ってもらえるような大学を、私たち自身がつくっていくということも大事なことです。私たちは、そのことを何よりも重要だと認識していなくてはならないと思っています。今後も一層努力していきたいと思います。

  最後になりますが、この奨学金には、本学の学生に、将来の北海道を背負う立派な人材に育ってほしいという期待と激励の思いが込められています。
  皆さんには、是非、このことを心に留めて、将来の目標に向かって強い意志をもち、勉学や自己研鑽に励んでいただきたいと思っています。
  以上、簡単ですが、私からの挨拶とさせていただきます。改めて、皆さんおめでとうございます。

                                                         平成30年7月19日
                                                           北海道教育大学長 蛇穴 治夫
平成30年度北海道教育大学基金育英事業奨学金授与式 奨学生代表者挨拶

  この度は、北海道教育大学基金 育英事業奨学金を授与していただき、誠にありがとうございます。奨学生を代表して、一言お礼の言葉を述べさせていただきます。

  私は、「人の心」への興味から教育心理学分野への入学を決め、勉強をしてきました。その中で、様々な研究論文に出会い、心理学、教育学の授業で「人をどう理解していくのか?」を学んできました。最初は興味からスタートした心理学の勉強でしたが、実際に勉強していくと奥深く、知らない世界がたくさんあり、まだまだ興味は尽きません。
  また、大学に入って心理学の勉強をしていく中で関心を持った、【特別支援】の授業では、これまでの私の人生の中では知らなかった障がいのある方々への「向き合い方」を学び、実際に、ボランティア活動や家庭教師で障がいのある方々と接していくことで、知らなかった世界を幅広く知ることができ、視野が広がったように思います。
  今回いただいた奨学金は、私が古くから関心のある「子どもホスピス」の活動に生かしていきたいと考えています。北海道で生きる、病気や障害のあるお子さんの理解を深めるための知識や研究方法等を、さらに探求するための参考文献の購入に使わせていただく予定です。
  これからも、「知らないこと」を知ろうとする探求心を忘れず、あせらず、たゆまず、おこたらず、努力を続けていきます。

  最後になりますが、ご支援いただいた方々への感謝の気持ちを忘れずに、残り少ない学生生活を有意義に過ごしていきたいと思います。

                                                         平成30年7月19日
                                                            札幌校 教員養成課程 4年 石塚 日向子

 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで