Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

台湾・台北市立大学123周年記念式典に参加しました

2018年12月17日

  平成30年11月30日(金)、本学の交流協定校である台北市立大学において123周年記念式典が開催され、本学から横山理事(国際交流・協力センター・センター長)、大賀国際交流・協力センター・副センター長が参加しました。
  式典は大学の講堂で開催され、学生による楽器演奏や華やかなダンスパフォーマンス、教員・学生の表彰等が行われました。式典には、本学の他、Georgia College & State Universityの学長、Indiana University of Pennsylvaniaの学務担当副学長も招待ゲストとして参加があり、招待ゲストによる記念品の授与の時間がありました。
 
   
      台北市立大学の学生による                  横山理事による教職員・同窓生への
      ダンスパフォーマンスの様子               記念品の授与の様子
 
  また、前日の29日(木)には、8:50からPresidential Forumが開催され、「International Symposium on Strategies of Internalization in Higher Education(高等教育の国際化に向けた戦略)」をテーマに、台北市立大学学務担当副学長、Georgia College & State University学長、Indiana University of Pennsylvania学務担当副学長、本学横山理事からそれぞれの大学の国際化に向けた取組について紹介が行われました。その後は、参加者による意見交換の場が設けられ、活発に意見が交わされました。
 
   
        横山理事による発表の様子                                  集合写真
 
  10:00から、台北市立大学の学生及び同窓生が作成した作品を販売するギフトショップの新規オープンのため、オープニングセレモニーが開催され、台北市立大学学長及び招待ゲストによるテープカットが行われました。
  学生による作品は、アクセサリーやポストカード、マグカップやコースター等、様々なものが販売されており、どれも個性の光るものばかりでした。
 
   
          テープカットの様子                            販売されている学生の作品
 
  11:00からは、英語教育科の1年生を対象に、大賀国際交流・協力センター・副センター長から「北海道教育大学の英語専攻のカリキュラム、交換留学プログラム、さらに、台北市立大学と実施している教育体験研修プログラム」の紹介、台北市立大学のHung-Shu Chen先生から「台北の小学校における英語教育の指導上の工夫」の紹介があり、台北市立大学の学生は、熱心に耳を傾けていました。
 
   
    大賀国際交流・協力副センター長                Chen先生からの説明の様子
    からの説明の様子
 
  15:00からは、特別支援教育学部のWoei-Chen Lan先生と、本学と実施する「特別支援教育における教育視察」に係るプログラムについて打ち合わせを行いました。このプログラムについては、今後本学と台北市立大学の間で覚書を交わし、取り組んでいく予定です。
  
   
      Lan先生との打ち合わせの様子                  特別支援教育学部の前で
 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで