Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

北海道教育大学基金(修学支援事業)へご支援いただいた柴田様に感謝状を贈呈しました

2019年1月29日

  去る1月17日(木)、本学基金修学支援事業に多大なご支援をいただいた柴田とし子様(静岡県伊東市在住)を訪ね、蛇穴学長から感謝状を贈呈しました。
 
  昨年12月、柴田とし子様から、経済的に苦労している学生を支援したいとの申し出があり、1,500万円のご寄附をいただきました。寄附申し出の際には、柴田とし子様の夫であり、北海道札幌師範学校(現本学札幌校)を卒業された(故)柴田學氏のご遺志でもあるとのお話を伺っており、その篤志に対し深い感謝の意を表することとしました。
 
  感謝状贈呈の当日、生前から本学学生への経済的支援を考えられていた夫學氏のお話を伺いました。學氏は、北海道札幌師範学校を昭和11年に卒業し、小樽の小学校に奉職、その後、当時の三菱美唄炭鉱に転職し、その後三菱セメント(株)でご活躍されました。
  一方で、學氏はお忙しい仕事の傍ら親戚の子どもたちの勉強をサポートし、国立大学に入学させるなど教育に大変熱心であり、それは退職後も続けられました。また生前から教員養成大学である母校学生を支援したいとの思いを話されていたとのことでした。
  柴田とし子様は、學氏が亡くなられた後も、學氏が考えていた本学学生に対する支援を思い、その意思を引き継ぎ、まわりの方々のサポートもあって、今回本学基金への寄附を実現できたことを大変喜ばれていました。
  また、修学において経済的に困っている学生を助けたい、学生に頑張ってもらいたいとの思いがあるので、この寄附金は経済的な修学支援を目的として使って欲しいとのご要望をいただきました。
  蛇穴学長からは、これからの日本において教育の充実は大変重要であり、それを担う教員を目指す学生への支援は大変有り難く思うとともに、基金からの奨学金授与者にはお二人の思いを伝えたいと述べました。
  最後に本学基金修学支援事業へのご寄附に対しあらためて感謝の意を述べ、感謝状の贈呈を終えました。
 
  
柴田とし子様(右)、蛇穴学長           (故)柴田 學 氏         

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで