Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

「第3回 アダスポ!岩見沢」を開催しました。(7月1日)

2017年8月3日

 平成29年7月1日(土)、岩見沢校にてアダプテッド・スポーツの普及振興を目的とした体験型イベント、「第3回 アダスポ!岩見沢」(主催:アダスポ実行委員会、岩見沢市、北海道教育大学岩見沢校)を開催しました()。

 例年同様、各競技団体のお力添えをいただきながら、車椅子フェンシングやウィルチェアーラグビー、ブラインドサッカー、車椅子バスケットボールなどのパラリンピック競技や、今後の盛り上がりが期待されるアンプティサッカーや車椅子ソフトボールなど、多種多様なスポーツを体験できるブースを設けました。
 


 今回の目玉は「サイバスロン」に関する講演とトークセッションです。サイバスロンとは、最先端のテクノロジーを駆使した強化義肢や強化車椅子などを用いて、障害のある方が決められた課題をクリアする速さや精度を競う大会です。昨年、スイスで第一回目となる大会が開催され、日本からもチームが参加しています。

 当日は、サイバスロンに実際に出場したパイロット(サイバスロンでは「プレイヤー」ではなく「パイロット」と呼びます)と技術者による講演、パラリンピックのメダリスト、本学教員を交えたトークセッションを行いました。筋肉の動きを解析して本物の手の様に動くロボットアームの実物を見せてもらいながら、義肢・装具・車椅子の技術革新が障害のある方の生活を豊かにする可能性や、スポーツ界における影響について市民の皆様と議論を深めました。
 

 これからも地域の方と連携を密にしながら、スポーツの魅力を伝えていきたいと思います。
 

 

※「Sports for All」の理念から、障がいのある方や小さな子ども、ご高齢の方など、誰もが楽しめるようルールや用具を工夫する「アダプテッド・スポーツ」の普及を目的としたイベントです。これまでは、イベント名称を「レッツトライ!アダプテッド・スポーツ」としておりましたが、パラリンピックの盛り上がりにより様々なスポーツを体験できる機会が増えてきたため、「やってみよう」の段階から「より深く知る」、「広げてゆく」段階にあると思い、今年から「レッツトライ!」を省きました。

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで