Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

サッカー部 第42回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント1回戦で惜敗

2018年9月11日

 第42回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントが8月31日、大阪市を中心に開幕しました。国立大学は鹿屋体育大学と本学の2チームが参加しました。岩見沢校サッカー部は4年連続6回目の出場で1回戦突破が目標です。しかし毎年チームの中心となる3年生の多くが教育実習で不参加のため、チームが一丸となった戦いが求められます。
 

 気温35度という厳しい環境のもと、1回戦の相手は昨年度ベスト8、9人が東海地区代表、さらに3人のJ1内定者(ユニバーシアード代表を含む)が出場する東海学園大学です。一進一退の中、26分、コーナーキックから泉山凌馬君(2年、盛岡商業)がヘッドで落とし小川達也君(3年、大阪履正社)が蹴り込み先制します。その1分後、下田友也君(2年、札幌真栄)がドリブルからGKの股を抜いて2点目を挙げます。勢いは止まらず34分には鈴木翔君(4年、札幌西陵)が追加点をあげ3:0とリードします。しかし終了間際にFKを直接決められ3:1で前半終了。
 後半は暑さを考慮して守備的に試合を進めますが、またしても残り僅かな41分、交代で入った選手にPKを与え、さらにアディショナルタイムにその選手に崩されて失点、残り2分間を守り切れませんでした。延長戦前半に失点し、全力で追いあげたのですが3:4のままゲーム終了となりました。余談となりますが、この試合、延長後半8分、残り2分を残し落雷と豪雨で約1時間の中断をはさみ、その後残りの2分間を再開するという珍しい経験をしました。
 暑い中、たくさんの応援を頂きありがとうございました。

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで