Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

The Art Groove Live 2 を開催しました

2014年12月18日

 The Art Grooveは、釧路校の芸術グループ教員有志とする、教員と学生の混成バンドです。教員養成課程の芸術グループを構成する美術研究室と音楽研究室が互いに交流し、活動することで一つのグルーヴ感を創生しようという目的で、この春から活動を展開しています。

 当初は音楽(ピアノ講師)と美術(彫刻講師)の教員2名でスタート(第1回 金工室ライブ)しましたが、ドラム(美術4年)を加えた学園祭での演奏を見て興味を持った学生(音楽2年、1年)がベースとして参加。今回、初めてバンドとしての基本形態を整えてのライブでした。また、サブタイトル「俺を読んだのは誰だ」のコピーは、ポピュラーとクラシックの両音楽を敢えて融合せずに、一つの空間で共鳴させてみたいという考えから、声楽の鴨川先生の出演を願ったという背景があります。

 ライブの本番では、前半のポピュラー音楽の演奏に続いて、釧路では初となる鴨川先生の素晴らしい歌声が披露されました。「まさにフュージョン」という鴨川先生の感想通り、会場は、互いに異なる音楽要素がそれぞれの特質として浮かび上がる場となったのではないでしょうか。また、鴨川先生のバックには、授業開発分野の広重先生の卓越したバイオリンの調が、美しく流れていました。

 会場に集まってくれた聴衆は、主に本学職員と学生でした。日頃、目にする機会の少ない教員の活動に接し、そこから学生が何か刺激を得ること、そして、文化的な活動の輪が広がり、それに関係する教員や学生の研究や研鑚のモチベーションが向上すること、ひいては本学と地域が文化的な連携を強化することを目指し、The Art Grooveは今後も活動を続けていきます。
ライブ会場(金工室)の様子
素晴らしい歌声を披露する鴨川先生
声楽(鴨川先生)、バイオリン(広重先生)、そしてバンドの奇跡のコラボレーション

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで