Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

札幌校学生が「稲作体験塾~田植え編~」に参加しました

2018年6月6日

  平成30年6月1日(金)、江別市の稲作農家で札幌校生活創造教育専攻の1年生23名および研究生1名が田植え体験を行いました。
  本事業は相互協力協定を締結しているJAグループ北海道の協力を得て平成19年度から行ってきたもので、現在では札幌校生活創造教育専攻における「教育フィールド研究Ⅳ」の一コマとして実施しています。昨年度から、都市と農村の交流センター「えみくる」が江別市にオープンしたことを受け、「えみくる」を運営する「江北まちづくり会」との3者共催という形で実施されています。
  体験は、受け入れ先である江別市の稲作農家 三角芳明氏の圃場で行われました。ビニールハウスにある育苗箱を地面から剥がし、素足で水田に入り、各自の育苗箱が空になるまで田植えを行いました。途中からは田植え機による植えつけの実演も行われ、学生たちはその速さと正確さに驚いていました。
  田植えの終了後は「えみくる」に移動し、昼食として施設職員の作ったカレーと近隣で当日に収穫された新鮮なアスパラをいただきました。昼食後には、えみくる代表の菅原氏、JA北海道中央会の山本和夫氏、稲作農家の三角晴美氏にご登壇いただき、それぞれの立場から農業や食育への思いを語っていただくミニシンポジウムを開催しました。
  学生からは「冬には何をしているのか」「不作となった年度は経済的に厳しくはないのか」「地域のため、農業のため、教育大生である私達にはどのような貢献ができるのか」といった質問が飛び交いました。
  当日の感想として「田植え機の偉大さに驚いた」「農家の大変さ・食べ物のありがたみが体験を通じて実感できた」「農家の実情やJAという組織を知り、第一次産業のイメージがつかめた」といった声が寄せられ、充実した体験となったようでした。

 

集合写真

  
育苗箱を運ぶ学生                             田植え体験の様子


 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで