Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

札幌校学生が「いわみざわ市民大学」に講師として参加しました

2018年9月25日

  平成30年8月29日、岩見沢市生涯学習センターで「いわみざわ市民大学」の講座が開催され、札幌校特別支援教育専攻3年の碓井琴音さんが講師として参加しました。
  「いわみざわ市民大学」は、岩見沢市・岩見沢市教育委員会が主催し、本学岩見沢校が共催する公開講座で、今年度第5回目の講義において「パラリンピックの魅力」をテーマに、北海道新聞パラスポーツアドバイザーの永瀬 充氏と、本学学生の碓井さんが講師を務めました。
 
いわみざわ市民大学 「パラリンピックの魅力」の講師を終えて
碓井 琴音

  日頃から学生生活と両立して車椅子バスケットボール選手として活動しています。今回はパラスポーツを広く知ってもらうため、同じく講師を勤めた北海道新聞パラスポーツアドバイザーの永瀬充さんにお誘いいただき、今回の講師を務めることになりました。
  講義では、永瀬さんは主にパラアイスホッケーのルールやパラリンピックに出場して銀メダルをとった経験を講演されました。私は、車いすバスケットボールのルールや義足に関する講演に続いて、実演を交えながら解説を行いました。講義後は受講生の方から多くの質問があり、パラスポーツへの関心の高まりを感じました。また、児童・生徒を対象とした出前授業と異なり、幅広い年齢層の方々と交流することができ、大変貴重な機会となりました。
  今後も車椅子バスケットボールをはじめとしたパラスポーツの普及発展を目指した体験会や出前授業に参加していきたいと考えています。
 
 
   
講演会の様子                                           実演する碓井さん
 
   
                実演する碓井さん                          講演後(左から 2人目碓井さん、3人目永瀬氏)
 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで