Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

札幌校学生が保育園児との交流・食育活動を実施しました

2018年10月12日

  平成30年8月6日(月)、9月25日(火)の2回にわたり、北光保育園で札幌校生活創造教育専攻1年生23名が、園児との交流・食育活動を行いました。本活動は、1年生の段階から実際に子どもと関わる機会を設けることで、子どもを理解することの大切さと楽しさを実感し、教職への意欲を高めることを目的としています。今回、実施に協力いただいた北光保育園は、「教育フィールド研究Ⅳ」で稲作体験を共催する「えみくる」に併設されています。
  当日、学生はおやつ作り、おもちゃ作り、食育劇の3チームに分かれて活動しました。
  おやつ作りでは、「えみくる」の調理室を使用して『にんじん入りのカップケーキ』を作り、提供しました。子どもたちと一緒に試食することで、子どもたちに適したおやつの量や食べやすさなどの工夫が必要であることを学びました。
  おもちゃ作りでは、事前に保育士の先生方と打ち合わせを行い、園児の年齢に合わせたおもちゃの大きさや安全性についてアドバイスをいただき、2種類のおもちゃを作りました。学生が直接おもちゃの遊び方を子どもたちに教えながら交流をしました。
  食育劇では、伝わりやすい言葉、声の大きさや話すスピードに気をつけながら、子どもたちが楽しめるように工夫していました。子どもたちを劇の中に巻き込んで実施することができました。
  実施後、学生からは「幼児と実際に関わってみると予想外の行動が多く対応が難しかった」、「おもちゃは安全性、耐久性、幼児の手の大きさを考えて作ることが大切であることがわかった」、「子どもの目線に合わせることや、反応しやすいように問いかけるように声をかけることがよいことに気づいた」などの感想があり、園児との交流・食育活動を通して多くのことを学び、理解が深まったようでした。
 
 
     
 おやつ作りの様子
 
     
  手作りのおもちゃで園児と交流する様子
 
 
 食育劇の様子
 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで