Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

北海道教育大学から海外への留学

ここから本文です。

現在位置

中国・瀋陽師範大学短期プログラム

留学希望の日本人学生へ〔中国・瀋陽師範大学短期プログラム〕

平成30年度中国・瀋陽師範大学短期プログラム参加者を募集します。

1.趣旨・目的

本プログラムは,本学との協定校である中国・瀋陽師範大学において実施するもので,本学学生が2週間のプログラムに参加することにより,語学力を向上させるとともに,異文化を体験し,グローバルに活躍できる人材を養成することを目的としています。 

2.実施大学及び場所

【大学】

中国・瀋陽師範大学

【場所】

中国遼寧省瀋陽市

3.プログラム期間

平成31年3月4日(月)~3月15日(金) 〈2週間〉 
(派遣期間:3月3日(日)出発~3月16日(土)帰国)
午前:中国語講座  午後:中国文化講座

4.最低履行人数

特になし

5.応募資格

全学部学生・大学院生対象(語学力は問いません。)

6.プログラム内容

【出発前】

事前オリエンテーションに参加します。(1月下旬~2月上旬に実施する予定です。)

【現地で】

中国語及び中国の文化(太極拳,武術,卓球,京劇,書道,茶道,紙きり,中国工筆絵,中国伝統楽器鑑賞など)について学びます。

【帰国後】

報告書を作成します。

7.費用                     合計 約150,000円

・ 授業料(中国語,中国文化)+登録料+寮費他   約1,200元(約21,000円)
※10名以上の大人数になる場合,教育大生専用クラスに配属されるため,一人あたり別途  1200元(約21,000円)増額になります。
※中国文化講座(内容は学生の希望による)の授業料は参加人数に応じて変わります。
(参考:H29年は,1講座約40元)
※寮は,二人部屋の場合で算出しています。一人部屋の場合700元(約12,000円)
増額になります。
※中国に到着後,中国元で支払うこととなります。

・ 航空運賃(新千歳~瀋陽)             合計約100,000円(参考金額)
確認中のため,確定次第お知らせします       出入国税・燃油サーチャージ等含む。       
※航空機は,往路・復路ともに新千歳空港発着便を利用することとします。
※自宅~新千歳空港までの交通費等は,別途自己負担となります。
※金額は未確定の参考金額です。航空運賃確定後も、為替レートや授業料の変更等により、お知らせした金額が変更になる可能性があります。
※航空運賃は,本学指定の旅行会社に直接支払っていただきます。(支払方法や支払期限は,後日お知らせします。) 

8.申込方法

参加希望者は,所定の「参加申込書」,「瀋陽師範大学外国留学生入学申請表」,「留学生寮・中国文化講座希望調書」に必要事項を記入の上,各校学務グループ(札幌校は国際課)に提出してください。また,パスポート写し(①写真ページ ②空白ページ),及び海外留学保険(付帯海学)申込書を提出してください。
※記入いただいた内容は,本プログラムのためにのみ使用し,その他の目的には使用しま
せん。

9.提出期限

平成30年12月20日(木)まで
※キャンパスによって,これより早い場合がありますので,各校学務グループに確認して下さい。 

10.その他

  • 申し込み等に関する問い合わせは,各校学務グループ(札幌校は国際課)へ照会してください。
  • 参加者には,本学指定の海外旅行保険(学研災付帯海外留学保険)に加入していただきます。大学院生で学研災に加入していない方は、併せて学研災への加入が必要となります。 
  • ビザは必要ありません。
  • 瀋陽師範大学への申込みの際,パスポートの写しを添付する必要がありますので,申込書と一緒に写しを各校学務グループ(札幌校は国際課)に提出してください。
  • パスポートが無い場合やパスポートの有効期限が短い場合(滞在期間+6ヶ月以上が望ましい)は,新規取得又は更新の手続きが必要です。至急行ってください。 
  • 本プログラム修了後、単位認定を受けようとする場合は、単位認定申請書に修了証明書等を添付の上、速やかに各校学務グループ(札幌校は国際課)に提出してください。
    ※認定された単位は各履修基準における研究発展科目とし、成績評価は行いません。
    ※認定された単位は、各年次のCAP制には含めません。
    ※大学院生は、単位認定の対象外となります。
    ※函館校の学生については、単位認定について学務グループに確認してください。
    ※所属キャンパスや入学年度によって、科目名等が異なりますので、各校学務グループ(札幌校は国際課)に確認してください。

11.報告書

参加学生の報告書を下記リンクからご覧になれます。(原文のまま掲載しています。)

平成27年度帰国報告書

平成28年度帰国報告書

本文ここまで