Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

大学紹介 大学紹介

ここから本文です。

現在位置

北海道教育大学メールマガジン【第10号】


              人が人を育てる北海道教育大学
★☆★==================================================☆★

北海道教育大学メールマガジン      第10号 2012.09.04配信
                
☆★==================================================★☆★

 9月となりました。例年の北海道であれば、お盆過ぎあたりから
涼しくなりますが今年は違うようで、いまだに盛夏のような気温が
続いています。 

 関西地区で生まれ育った私には、北海道の気候は新鮮です。北海
道の秋はいつもきっぱり明快に訪れる印象があり、空の高いところ
から緞帳のようにすとんと秋が降りてきたかのように感じます。
 
 冬と夏は、気づけばいつのまにか・・・という、なぜか無くし物
をした時のような心許ない思いで到来を認めます。 

 そして、春は三段階でやってくるように感じています。最初は、
まだ冬景色ではあるものの、外気が氷点下ではなくなった時に「あ、
春がきた!」と思います。次に、そのような気温が続き、雪がどん
どん溶けていくものの、まだグレーがかった景色の日々が続く時に
「春になってきた!」と思い、最後に、一斉に初々しい緑がポンと
現れた時に「ああ、春だ!」と幸福な気持ちでいっぱいになります。 

 今は、今年の秋や冬がどのようにやって来るのか、涼しさを楽し
みに待ちつつも、せっかくの夏を愛おしむ気持ちで過ごすようにし
ています。 

 皆さんは、季節をどのように感じていますか。
 
       (北海道教育大学広報企画室 特別補佐 小北麻記子)

-- 目次 --------------------------------------------------

■ コラム -スポーツの祭典:パラリンピックに想いをはせて-
              (札幌校 特別支援教育専攻 教授 安井友康)

■ 学生通信 -ふくしまキッズの活動に参加して-
    (札幌校 教員養成課程 総合学習開発専攻4年 岩田多賀子)

■ 受験情報

■ イベント情報等

■ 全学ニュース

■ キャンパスニュース

■ サテライト通信  hue pocket

■ 同窓会情報 

■ 教育支援基金のお願い

■ 編集後記

------------------------------------------------------------

■■ コラム ■■                   
 -スポーツの祭典:パラリンピックに想いをはせて-

 香港の学生たちは、元気が良い。アジア各国からの参加者の受付  
や道案内を笑顔で”てきぱき”こなしていきます。不案内で初めて
の土地で、少々不安だった気持ちも、その小気味良い対応で、吹き
飛んでしまいました。  

 私は今、ASAPE(アジア障害者体育・スポーツ学会)への参加の  
ため、香港に来ています。高齢化や人権意識の高まりとともに、ア  
ジアの発展途上国も含め、世界の目は障害者の生活向上に関する研
究に向けられようとしています。特に2006年に国連が採択した「障
害者の権利条約」以降、世界各国が条約の批准(国際的なルールを
国として確認・同意すること)が進められる中、レジャー、レクリ
エーションやスポーツなどを含めた障害者等のあらゆるレベルの社
会参加を進めるための方策が検討されようとしています。  

 この条約については、2012年8月現在では、世界118ヶ国が批准し
ている一方で、日本は国連採択から6年が経過した今日でも、未批
准のままです。批准のためには、様々な法整備が必要で、制度が複
雑な日本は、その改正などに時間がかかっているという事情があり
ます。しかし、国民の障害者に関する意識の問題も大きいのではな
いかと感じています。  

 日本ではまだ、「障害は特別なもので、それに関係するのは特定
の人たち」と言う意識が強いのではないでしょうか。しかし、世界
の多くの国々では、「社会にある障壁(バリア)」ととらえ、いつ
でも、誰にでも生じるものとして、人々の意識改革や社会整備が進
められようとしています。学校教育の場はもちろんのこと、「障害
者を含めた社会が、当たり前の社会」と言う認識を、全ての国民が
共有する社会作りが求められていると思います。  

 このメルマガが配信される9月上旬は、ちょうど障害者のスポー
ツの祭典パラリンピック(8月29日~9月9日開催)がロンドンで開
かれており、私もロンドンにいる頃です。すでに国際オリンピック
委員会と国際パラリンピック委員会は統合され、組織上も一体とな
るなどの統合化が進んでいます。しかし、オリンピックに熱狂した
多くの国民にも、パラリンピックは「オリンピックの真似事」のよ
うにとらえている方もおり、あまり関心が示されないままとなって
きました。しかし、実は全くの別物で、パラリンピックでは、人間
の隠された能力開発や、各国のテクノロジーの粋を集めた高次元の
戦いが繰り広げられているのです。  

 その意味では、医療や工学技術、身体トレーニングにリハビリテ  
ーションといった、まさに「世界の最先端研究」の戦いの場でもあ  
ります。そんな裏事情を含め、もっともっとパラリンピックに関心
が向けられて良いと思っています。  

 香港の暑さと、学生の熱気などを身近に感じながら、そんな障害  
者の身体やスポーツの研究に関する世界の“熱い想い”に思いをは  
せています。【2012.8.12記】  

        (札幌校 特別支援教育専攻 教授 安井友康)

------------------------------------------------------------

■■ 学生通信 ■■ -ふくしまキッズの活動に参加して-

 「ふくしまキッズ夏季林間学校2012」は、学校の長期休暇に放射
線の不安がない場所で野外活動を楽しみ、福島の子どもたちに笑顔
と元気を取り戻してもらおうという活動です。この活動に参加した
子どもたちは、昨年の夏から今年の春までに累計875人にもなり、
今回行われた夏の北海道・愛媛・福島プログラムにも多くの子ども
たちが参加しました。

 私がボランティアとして係わった8月8~21日の流山Cコース(七
飯町大沼)には、幼児から中学2年生までの計73人の子どもたちが
参加しました。私は後半の6日間を担当しましたが、既に子どもた
ちは大沼での生活に慣れており、外灯があまりなく夜には真っ暗に
なる宿泊棟で寝ることも、虫が飛び回る中で生活することも、初対
面の関係者と行う様々な活動も全く抵抗がないようで、子どもたち
の適応の早さと力強さに驚かされました。

 私が係わった期間は、午前中は掃除や宿題、午後は外遊びという
ゆったりとしたスケジュールでしたが、地域の方々の協力を得て、
夏祭りに参加したり、キャンプファイヤーや星空観察などをしたり
して、子どもたちは毎日充実した時間を送っていました。

 福島の子どもたちは、普通の子どもたちと変わりありませんでし
た。ただ、「ずっと外で遊べなかった」「体育の授業はほとんど体
育館だった」などの話を子どもたちから時折話してくれることがあ
り、やはり震災の影響を受け、色々な場面で不自由な生活や思いを
していたんだなと考えさせられました。

 北海道の子どもたちは、自然の中で走り回ったり、川で遊んだり
することはやろうとすれば当たり前にできますが、今の福島の子た
ちにとってはそれがとても貴重な体験になっていることがわかり、
この活動の重みを改めて実感しました。

 最後に、今回私を含めた多くの北海道教育大生が、大学の手厚い
支援によって不自由なくボランティアに参加することができたこと
に感謝するとともに、ふくしまキッズの活動にこれからも積極的に
参加し、ふくしまの子どもたちが少しでも多く笑顔になれるようサ
ポートしていきたいと思っています。

 なお、ふくしまキッズの活動情報は、下記URLからご覧ください。
http://fukushima-kids.org/

   (札幌校 教員養成課程 総合学習開発専攻4年 岩田多賀子)

------------------------------------------------------------

■■ 受験情報 ■■

▼2012.7.20-11.30 ウィークリー進学相談会を開催中
http://www.hokkyodai.ac.jp/exam/shingakusoudani.html

▼2012.9.3-9.11 アドミッション・オフィス入試(岩見沢校)の
                 出願受付中(試験日は、10/13-14)           
http://www.hokkyodai.ac.jp/pdf/h25nyushinittei.pdf   

▼2012.9.16 大学院教育学研究科学力検査日(合格発表は、9/27)  
http://www.hokkyodai.ac.jp/pdf/h25nyushinittei.pdf 

▼2012.10.2-10.10 養護教諭特別別科(函館校)の推薦入試出願
          受付期間(試験日は、10/28) 
http://www.hokkyodai.ac.jp/pdf/h25nyushinittei.pdf 

▼2012.10.6 5キャンパス合同進学相談会(札幌駅前サテライト)
http://www.hokkyodai.ac.jp/exam/explain-fuculty.html

▼2012.10.28 岩見沢校オープンキャンパス
http://www.hokkyodai.ac.jp/exam/explain-oc.html

▼2012.12.9  釧路校大学院説明会
http://www.hokkyodai.ac.jp/exam/explain-graduate.html

------------------------------------------------------------

■■ イベント情報等 ■■ 

▼2012.9.29 岩見沢校ホームカミングデー2012
http://www2.dosanko.co.jp/hokkyodai_iwamizawa/topics/details
-new.php?id=298

------------------------------------------------------------

■■ 全学ニュース ■■

▼2012.6.11-7.20 JICA集団研修生12人を受入
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1020

▼2012.8.1  附属学校新任教員研修を開催
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1018

▼2012.8.18 シンポジウム「成長し続ける教員と研修の在り方」
       を開催
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1022

▼2012.8.27 中国山東師範大学との国際交流協定等を更新
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1025

▼その他のニュース
http://www.hokkyodai.ac.jp/

------------------------------------------------------------

■■ キャンパスニュース ■■

▼札幌校  ビブリオバトル首都決戦2012 札幌校予選会を開催(8/3)   
http://s-opac.sap.hokkyodai.ac.jp/library/top.html
http://www.hokkyodai.ac.jp/sap/

▼函館校  函館港まつり「ワッショイはこだて」でアピール賞を
      受賞(8/3) 
http://www.hak.hokkyodai.ac.jp/

▼旭川校  ひらめき☆ときめきサイエンスKAKENHIプログラム事
            業を実施(7/29) 
http://www.asa.hokkyodai.ac.jp/

▼釧路校  若手特別支援学級担当者のサポートセミナーを開催(8/9)
http://www.kus.hokkyodai.ac.jp/

▼岩見沢校 音楽コースによる「Voglia the 23rd」を開催(8/10)
http://www.hokkyodai.ac.jp/iwa/

------------------------------------------------------------

■■ サテライト通信  hue pocket ■■

 7月25日から8月15日まで、社会教育主事講習の主会場として、昨
年度と同様に、札幌駅前サテライトをご利用いただきました。38人
の社会教育主事を目指す方々が受講され、期間中は心配していた計
画停電も無く、3週間を終えることができました。

 さて、暑かった夏も終わり、芸術の秋です。いよいよ岩見沢校美
術コースの研究室展が再開されます。春に開催された「金属工芸研
究室展」に引き続き、9月16日からは、岩見沢校による「木工展」
「陶磁研究室展」「映像研究室展」「デジタル絵画研究室展」「情
報デザイン研究室展」と、11月まで目白押しです。
 
 この機会に是非、学生たちの真摯に取り組んだ成果を、ご鑑賞い
ただければと思います。札幌駅前サテライトでは、皆さまのお越し
を心よりお待ちしております。 

▼サテライトのホームページ 
http://www.hokkyodai.ac.jp/satellite/

▼サテライトの主なイベント予定
http://www.hokkyodai.ac.jp/satellite/sate-ibento.html

○2012.7.20-11.30 ウィークリー進学相談会(毎週金曜日)
○2012.9.2、10.14  幼稚園教員資格認定試験
○2012.9.4-7    教員免許状更新講習
○2012.9.16-28   木工展(岩見沢校)
○2012.9.30-10.12 陶磁研究室展(岩見沢校)
○2012.10.6    5キャンパス合同進学相談会
○2012.10.15-27  映像研究室展(岩見沢校)
○2012.10.29-11.10 デジタル絵画研究室展(岩見沢校)
○2012.11.12-24  情報デザイン研究室展(岩見沢校)

------------------------------------------------------------

■■ 同窓会情報  ■■

 各校同窓会の連絡先等の情報をお知らせします。卒業生であれば、
いつでも入会できます。 

▼北師教育文化振興会(札幌校同窓会) 
 〒002-8073 札幌市北区あいの里3条3丁目3-1(北師会館内) 
 Tel 011-778-4001、Fax 011-778-4881 
 URL http://www9.ocn.ne.jp/~hokusi/ 

▼夕陽会(函館校同窓会)
 〒041-0806 函館市美原3丁目48-6(附属函館小学校内)
 Tel 0138-34-5520、Fax 0138-47-7376
  URL http://www.sekiyou2005.sakura.ne.jp/

▼六稜会(旭川校同窓会)
 〒070-0874 旭川市春光4条1丁目1-1(附属旭川小学校内)
 Tel 0166-52-2361、Fax 0166-52-2363

▼鶴陵会(釧路校同窓会)
 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡7丁目12-2(附属釧路中学校内)
 Tel 0154-91-6857、Fax 0154-91-6892
 Mail:kus-fuchu.mgr@k.hokkyodai.ac.jp

▼青陵会(岩見沢校同窓会)
 〒068-0815 岩見沢市美園5条4丁目4-1(岩見沢市立美園小学校内)
 Tel 0126-23-1721、Fax 0126-25-5065
 URL http://www1a.biglobe.ne.jp/seiryo/index.htm
※9月29日(土)に、ホーム・カミングデー2012及び懇親会を開催
 します。
http://www2.dosanko.co.jp/hokkyodai_iwamizawa/topics/details
-new.php?id=298
------------------------------------------------------------

■■ 教育支援基金のお願い ■■

▼本学では、平成18年度に北海道教育大学教育支援基金を設立しま
 した。北海道における人づくり支援のため、本基金へのご理解と
 ご協力をお願い申し上げます。
http://www.hokkyodai.ac.jp/fund/

▼7月24日(火)に平成24年度教育支援基金奨学金授与式を挙行し、
 現職教員の大学院生56人、学部学生の成績優秀者15人及び大学院
 生(現職教員以外)の成績優秀者5人、計76人に奨学金を授与し
 ました。

▼受賞した菅野さんの声をお届けします。

 このたび教育支援基金の奨学金をいただきまして、誠にありがと
うございました。
 私は、岩見沢校の美術コースで工芸を専門に学んでいます。制作
には、銀や金などの貴金属を扱うことが多く、材料や消耗品にかか
る費用はとても負担になっておりました。現在、大学の近くにアパ
ートを借りて一人暮らしをしていますが、生活費を削り、制作のた
めの費用をなんとか賄っている状況です。そのような時に、教育支
援基金の奨学金をいただけることになり、大変感謝しています。
 平成24年度の前期の講義も終わり、現在4年生の私の大学生活も
残りわずかとなりました。今回いただいた奨学金は、卒業研究や今
後の課題解決など、大学での研究活動の集大成のために、大切に使
わせていただきます。そして、このご恩を忘れず今後の人生を歩ん
でいき、北海道教育大学のため、北海道の芸術の発展のためにお役
に立てるような人間になりたいと思っています。

       (岩見沢校 芸術課程 美術コース 4年 菅野早帆)
      
------------------------------------------------------------

■■ 編集後記 ■■

▼9月29日(土)に、岩見沢校で「ホームカミングデー2012」が行
 われます。岩見沢校は平成18年度から芸術課程とスポーツ教育課
 程を置くキャンパスとして生まれ変わり、卒業生も北海道内外か
 ら高い評価を受けています。当日は、コース紹介、学生コンサー
 ト、キャンパスツアーなど様々な催し物を準備していますので、
 同窓生の皆さんに、今の岩見沢校の姿を是非ご覧いただきたいと
 思います。

▼暦の上では、暑さがおさまり涼風が吹き始めるという「処暑」が
 過ぎていますが、まだまだ残暑が続いています。気象庁の予報に
 よると、9月の北海道は平年より気温が高くなるようです。
 そろそろ夏の疲れが出始める頃ですが、私は、こういう時だから
 こそ運動等で体を動かすように心掛けています。そのせいか、食
 欲も、睡眠もバッチリです!皆さんも体調管理には十分にお気を
 つけください。
 
▼次号は、平成24年10月上旬に配信予定です。(総務課TK)

-- 当メールについて ---------------------------------------

当メールはメルマガ登録をいただいている方に送信しています。ご
意見やコメントを募集しておりますので、次のメールアドレスまで
お寄せください。         
koho@j.hokkyodai.ac.jp
また、配信停止の手続きは、次のURLからお願いします。
http://www.hokkyodai.ac.jp/ezine/


 
メールマガジンに登録する ご利用上の注意事項
バックナンバー閲覧 配信を停止する
上記【メールマガジンに登録する】【配信を停止する】ボタンをクリックしても、普段お使いのメールソフトが立ち上がらない場合、下記のメールアドレスをコピーしてお使いのメールソフトの宛先に貼り付けてそのまま送信してください。

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで