Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

大学紹介 大学紹介

ここから本文です。

現在位置

北海道教育大学メールマガジン【第11号】


              人が人を育てる北海道教育大学
★☆★==================================================☆★

北海道教育大学メールマガジン       第11号 2012.10.3配信
                
☆★==================================================★☆★

 メルマガ -秋の歌-
          
 ハマナスの実が燃えるように熟し、ナナカマドが赤く色づくと、
秋がやって来たことを実感します。食欲の秋、スポーツの秋、旅行
の秋と人々の関心は様々ですが、正道はやはり「読書の秋」といえ
ましょうか。

 秋風を頬に感じる頃になると、私は小説やエッセイではなくて、
むしろ詩歌を読みたくなります。普段読んでいるもののほとんどが
散文ばかりですので、韻文(特に詩)を読むことは、別の世界に飛
翔する至福の時間です。デジタルに縛られた現実から、アナログの
香りに包まれた第三世界への小旅行でもあるのです。

 秋を題材にした詩といえば、古今東西たくさんの名作があります。
ここでは私の敬愛する19世紀のフランスの象徴詩人ポール・ヴェル
レーヌの「秋の歌」(Chanson d'automne)を取り上げましょう。
この詩「秋の歌」には、上田敏や堀口大學による名訳もあるのです
が、ここでは私の大好きな橋本一明(はしもと いちめい)の訳で
ご紹介いたします。

    「秋の歌」

    忍び泣き 長くひく 秋のヴィオロン
    ものうくも 単調に ぼくの心を いたませる
 
    時つげる 鐘の音に 胸つまり蒼ざめて
    過ぎた日を 思い出し ぼくは泣く

    性悪の風に吹かれて ぼくは行く
    ここ かしこ 吹き散らう 落葉さながら

 詩を読むことは、散文とは違う時間の流れに身を置くことだと思
います。現実を支配しているのが、客観的な物理時間(=ニュート
ン時間)だとすれば、詩の中に流れる時間は、主観的な意識時間
(=ベルグソン時間)あるいは悠久な地質時間なのかもしれません。
役に立たない、スピード感に乏しい、アナクロニズム(時代錯誤)
だ、あるいは、ネガティブだと、これらすべてを満たしているのが、
詩の世界かもしれません。しかし、このような地味で静的な詩の世
界から、思いがけない言葉の光が射してくることがあります。

 ちょっと疲れた時、つまづきかけた時、何かが嫌になった時に、
普段は縁がない詩集を開いてみてはどうでしょうか。または、新聞
の投稿文芸欄をのぞいてみてはどうでしょうか。ひょっとすると、
自分の心に響く言葉に出会うことがあるかもしれません。心が開い
ている人にとって、詩は言葉の花籠なのです。
 
        (北海道教育大学広報企画室 特別補佐 鈴木明彦)

-- 目次 --------------------------------------------------

■ コラム -小学校と北海道の地域社会の歴史ひとこま-
                (函館校 人間発達専攻 教授 坂本紀子)

■ 学生通信 -稲作体験塾に参加して-
    (札幌校 教員養成課程 総合学習開発専攻1年 菊地憲太朗)

■ 受験情報

■ イベント情報等

■ 全学ニュース

■ キャンパスニュース

■ 学生の活躍

■ サテライト通信  hue pocket

■ 同窓会情報 

■ 教育支援基金のお願い

■ 編集後記

------------------------------------------------------------

■■ コラム ■■-小学校と北海道の地域社会の歴史ひとこま- 
       
 小学校という教育機関は、明治時代から日本の各地域に設置され
ていきました。

 当時は、校舎のほか、教育に必要な設備・教具、教員の給料等を、
小学区内に居住する人びとがお金を出し合って用意をしていました。
そして、子どもを通わせる保護者は、さらに授業料を払わなければ
なりませんでした。そのため府県では、大きな経済的負担を強いる
小学校が、地域の人びとによって焼かれたりする事件もありました。

 現在、北海道にある多くの地域社会は府県から移住してきた人び
とによって形成されました。それぞれ異なる地域にいた人びとが地
元を離れ北海道に集まり、ゼロから新しい地域社会を作るというこ
とは容易なことではありませんでした。伝統や文化が異なり、年間
行事も違う、方言も異なる人びとが集まって一つの社会を作ること
は簡単なことではなく、むしろ反発し合うことが多かったかもしれ
ません。

 しかし、そのような状況の中で、岩手、山口、愛知、そして石川
の各県からの団体移住によって人口が増加した花畔(ばんなぐろ)
村(現石狩市)で総代を務めていた金子清一郎という人が、次のよ
うなことを述べています。

 「風俗」や「人情」、方言が異なる人びとが集まり一つの社会を
作るには地域の「秩序」を形成し、人びとが一致協力する体制を作
る必要がある。学校教育は「風俗言語」を正しくし「良い習慣」を
養成するから、地域秩序を形成する基盤になる。そして学校を設置
し維持するために、人びとは協力し合うことになる。だから花畔小
学校(現在の石狩市立花川小学校)を設置するということは、花畔
村という地域社会の形成、そして将来の地域発展のために必要不可
欠なことなのだと。

 小学校は経済的に大きな負担を強いる存在ではあるけれども、そ
れを設置し維持することが地域社会の秩序形成に役立ち、人びとが
一致協力する体制を作ることになる。さらにそれは地域の将来の発
展につながる、と考えられたのです。

 このように、北海道の小学校は「開拓」事業の中で地域社会の形
成と共にあって、とても重要な存在だったことを花畔村の例から知
ることができます。北海道の小学校は、歴史の中で、そんな役割も
担っていたのです。

          (函館校 人間発達専攻 教授 坂本紀子)

------------------------------------------------------------

■■ 学生通信 ■■ -稲作体験塾に参加して-
    
 私が所属する札幌校総合学習開発専攻の1年生は、食・生活教育
論の講義の一環として、JAグループ北海道などが企画してくださる
「稲作体験塾(田植え編、稲刈り編)」に毎年参加させていただい
ております。

 6月上旬に、美唄市中村地区の田んぼで苗の機械植えと手植えを
体験し、田植えがとても重労働で根気のいる仕事であることを実感
しました。そして、9月下旬には稲刈り体験をしましたが、6月に私
たちが植えた苗が1メール近くまで成長し、稲穂も重々しく垂れて
おり、少ししか係わっていない私でもとても愛着を感じました。

 稲作体験を通じて色々なことを学びましたが、特に強く感じたこ
とは「食の裏には人がいる」ということです。どんな食べ物でも、
作る人、加工する人、売る人など、たくさんの人が係わっています。
そして、その方々は、私が稲作体験で感じたのと同じように製造す
る過程で商品に愛着を持ち、消費者の皆さんに安全、かつ、おいし
く食べてもらいたいと思っていることでしょう。

 私たちの周りには食べ物は豊富にあり、残し物をすることも容易
にできます。しかし、それは食べ物を作ってくださった方々の思い
も一緒に捨てていることになるのではないでしょうか。私は将来、
小学校の教員を目指していますが、教員になりましたら、子どもた
ちと一緒に作物を育てて食べたり、今回のような農作業の体験をさ
せたりして、食の大切さやその裏にある人々の思いなどを子どもた
ちに伝えたいと思っています。

 最後になりましたが、稲作体験塾を通じて貴重な体験をさせてい
ただいたJAグループ北海道、JAびばい、中村共同施設利用組合、中
村南育苗共同施設利用組合、なかむらえぷろん倶楽部の皆さま方に
は、深くお礼申し上げます。そして、私たちの後輩のために、今後
もご指導いただければ嬉しいです。

稲作体験の様子はこちらから
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1044

      (札幌校 教員養成課程 総合学習開発専攻1年 菊地憲太朗)

------------------------------------------------------------

■■ 受験情報 ■■              

▼2012.7.20~11.30 ウィークリー進学相談会を開催中 
http://www.hokkyodai.ac.jp/exam/shingakusoudani.html 

▼2012.10.2~10 養護教諭特別別科(函館校)の推薦入試出願受
         付中(試験日は、10.28) 
http://www.hokkyodai.ac.jp/pdf/h25nyushinittei.pdf 

▼2012.10.5 函館校マンスリー個別進学相談会
http://www.hak.hokkyodai.ac.jp/topics/important/25_index_msg.html

▼2012.10.6 5キャンパス合同進学相談会 
http://www.hokkyodai.ac.jp/exam/explain-fuculty.html 

▼2012.10.13~14  アドミッション・オフィス入試第2次選考 
        (合格発表日は、10.26) 
http://www.hokkyodai.ac.jp/pdf/h25nyushinittei.pdf 

▼2012.10.28  岩見沢校オープンキャンパス 
http://www.hokkyodai.ac.jp/exam/explain-oc.html 

▼2012.11.5~13 推薦入試(一般、地域指定)、帰国子女入試、
                 社会人入試、編入学の出願受付期間(募集要項
         配付中) 
http://www.hokkyodai.ac.jp/pdf/h25nyushinittei.pdf 

▼2012.12.9  釧路校大学院説明会  
http://www.hokkyodai.ac.jp/exam/explain-graduate.html 

▼入学試験の過去問題を閲覧できます。 
学部入試の過去問題 
http://www.hokkyodai.ac.jp/exam/mondai-index.html 
大学院入試の過去問題
http://www.hokkyodai.ac.jp/exam/inmondai-index.html  

------------------------------------------------------------

■■ イベント情報等 ■■ 

▼2012.9.30-10.12 陶磁研展を開催中(札幌駅前サテライト)

▼2012.10.1-3.31 平成24年度後期公開講座開講中
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1027

▼2012.10.1-14 平成24年度第2期(冬期)教員免許状更新講習の
        受講者募集中
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1030

▼2012.10.6 第3回学内室内楽選抜演奏会
http://www2.dosanko.co.jp/hokkyodai_iwamizawa/topics/details
-new.php?id=304

▼2012.10.6-7 札幌校大学祭「第64回藍涼祭」 
http://www.hokkyodai.ac.jp/sap/topics/index.html?id=178

▼2012.10.8 「NHKどーもくんとみんなの防災劇場in釧路」
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1035

▼2012.10.16-27 映像研究室展(札幌駅前サテライト)

▼2012.10.28-30 釧路校大学祭「第63回釧教祭」 

▼2012.10.29-11.10 デジタル絵画研究室展(札幌駅前サテライト)

▼2012.11.2-4 旭川校大学祭「第59回六稜祭」

▼2012.11.12-24 情報デザイン研究室展(札幌駅前サテライト)
 
------------------------------------------------------------

■■ 全学ニュース ■■

▼2012.9.11-13 浜頓別町で札幌校学生が酪農体験を実施
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1043

▼2012.9.20 美唄市の農家で札幌校学生が稲作体験を実施
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1044

▼2012.9.22-23 「どさんこ元気アップチャレンジ」を実施
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1045

▼2012.9.30 「がんばれ東北・元気米プロジェクト」を実施
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1040

▼2012.10.1 学園情報誌「HUE-LANDSCAPE」第17号を刊行
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1037  

▼2012.10.1 「環境報告書2011」を刊行 
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1038

▼2012.10.2 平成24年度秋季入学式を挙行
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1042

▼その他のニュース
http://www.hokkyodai.ac.jp/

------------------------------------------------------------

■■ キャンパスニュース ■■   

▼札幌校  平成24年度9月期学位記授与式を挙行(9/25)   
http://www.hokkyodai.ac.jp/sap/

▼函館校  オープンキャンパスを開催(9/1) 
http://www.hak.hokkyodai.ac.jp/

▼旭川校  ひらめき☆ときめきサイエンス参加者を募集中
          (10/14開催) 
http://www.asa.hokkyodai.ac.jp/

▼釧路校  標津町図書館まつり・児童館まつりで、学生が読書会
      等のイベントを予定(10/6開催)
http://www.kus.hokkyodai.ac.jp/

▼岩見沢校 アートマネジメント音楽研究室がパートナーシッププ
      ロジェクトを実施(9/25)
http://www.hokkyodai.ac.jp/iwa/

------------------------------------------------------------

■■ 学生の活躍 ■■   

▼2012.8.25 第24回北海道大学駅伝対校選手権大会で女子駅伝チ
       ームが優勝
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1036

▼2012.9.28 ビブリオバトル首都決戦2012北海道ブロック地区決
       戦で札幌校大上さん(2年)が優勝  
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1039
http://s-opac.sap.hokkyodai.ac.jp/library/top.html

------------------------------------------------------------

■■ サテライト通信  hue pocket ■■  

 サテライトでは、9月16日~28日まで、岩見沢校芸術課程美術コ
ース木材工芸研究室の学生による「木工展」を開催しました。

 木材工芸研究室は、木材資源が豊富な北海道において、木材の素
晴らしさを心から感じ、貴重な地元の資源を生かして制作すること
の意義や、木材に対する考え方や理解を深め、木材の魅力を世の中
に広めていける人材を養成しており、今回の「木工展」では、12人
の研究室生がそれぞれの作品を発表しました。

 その中の一人の斉藤千恵実さん(4年)に話を聞いたところ、『ぼ
くらのそうぞうせかい』という斉藤さんの作品は、「幼い頃に遊ん
だ積木を、大人になった今使うと・・・」というテーマで作成した
そうです。構造は城(しろ)を参考にし、様々な国の城を調べる作
業はとても楽しかった半面、使い込んで色褪せた思い出の積木を表
現するのに苦労したとのことでした。

 誰もが懐かしさを感じるこの作品は、遊び心と木の温もりにあふ
れていました。いつか海外でアートを学ぶことが出来たら・・・と、
将来の夢を語ってくれた斉藤さん。今後の活躍が楽しみです。斉藤
さんの作品は次のURLからご覧ください。 
http://www.hokkyodai.ac.jp/satellite/index.html#120925news

 現在開催中の展覧会は、陶磁研究室による「陶磁研展」です。是
非、足をお運びいただき、ご覧いただければ幸いです。

▼サテライトのホームページ 
http://www.hokkyodai.ac.jp/satellite/

▼サテライトの主なイベント予定
http://www.hokkyodai.ac.jp/satellite/sate-ibento.html

○2012.7.20-11.30 ウィークリー進学相談会(毎週金曜日)
○2012.9.30-10.12 陶磁研展(岩見沢校)
○2012.10.6    5キャンパス合同進学相談会
○2012.10.14      幼稚園教員資格認定試験(第2次試験)
○2012.10.16-27  映像研究室展(岩見沢校)
○2012.10.29-11.10 デジタル絵画研究室展(岩見沢校)
○2012.11.12-24  情報デザイン研究室展(岩見沢校)

------------------------------------------------------------

■■ 同窓会情報  ■■ 

 各校同窓会の連絡先等の情報をお知らせします。卒業生であれば、
いつでも入会できます。 

▼北師教育文化振興会(札幌校同窓会) 
 〒002-8073 札幌市北区あいの里3条3丁目3-1(北師会館内) 
 Tel 011-778-4001、Fax 011-778-4881 
 URL http://www9.ocn.ne.jp/~hokusi/ 

▼夕陽会(函館校同窓会)
 〒041-0806 函館市美原3丁目48-6(附属函館小学校内)
 Tel 0138-34-5520、Fax 0138-47-7376
  URL http://www.sekiyou2005.sakura.ne.jp/

▼六稜会(旭川校同窓会)
 〒070-0874 旭川市春光4条1丁目1-1(附属旭川小学校内)
 Tel 0166-52-2361、Fax 0166-52-2363

▼鶴陵会(釧路校同窓会)
 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡7丁目12-2(附属釧路中学校内)
 Tel 0154-91-6857、Fax 0154-91-6892
 Mail:kus-fuchu.mgr@k.hokkyodai.ac.jp

▼青陵会(岩見沢校同窓会)
 〒068-0815 岩見沢市美園5条4丁目4-1(岩見沢市立美園小学校内)
 Tel 0126-23-1721、Fax 0126-25-5065
 URL http://www1a.biglobe.ne.jp/seiryo/index.htm

------------------------------------------------------------

■■ 教育支援基金のお願い ■■  

▼本学では、平成18年度に北海道教育大学教育支援基金を設立しま
 した。北海道における人づくり支援のため、本基金へのご理解と
 ご協力をお願い申し上げます。
http://www.hokkyodai.ac.jp/fund/

▼教育支援基金から奨学金を授与された学生より、次のような感謝
 の言葉が寄せられています。 

 この度は教育支援基金奨学金を頂きましてありがとうございまし
た。
 お陰さまで、大学でより多くの学びに励むことができております。
頂いた奨学金は、勉学は勿論、サークル活動である管弦楽団での技
術向上のための大きな手助けとなっております。また、教育実習で
の準備や調査の際にも活用させていただきたいと考えております。
 これからもこのご恩を忘れず、豊かな人間、そして教師になるた
めに、より一層努力して学んでいきたいと思っています。
                 (札幌校教員養成課程学生) 
  
------------------------------------------------------------

■■ 編集後記 ■■

▼10月に入り、大学も後期の授業が始まりました。9月中は部活動
 等のために来る一部の学生しか構内で見かけませんでしたが、た
 くさんの学生が登校するようになり、大学が一気に賑やかになり
 ました。過ごしやすい気候にもなりましたし、学生の皆さんには
 充実した後期の期間を過ごしてもらいたいです。

▼学園情報誌「HUE-LANDSCAPE」第17号を刊行しました。学生の各
 種活動や研究室・講座の紹介など、主に学生スタッフが取材を行
 ったおもしろい冊子となっています。全キャンパスの様子を掲載
 していますので、本学学生はもちろんですが、高校生や受験生の
 皆さんもぜひ読んでくださいね!
http://www.hokkyodai.ac.jp/public/publicity-06.html

▼次号は、平成24年11月上旬に配信予定です。(総務課TK)

-- 当メールについて ---------------------------------------

当メールはメルマガ登録をいただいている方に送信しています。ご
意見やコメントを募集しておりますので、次のメールアドレスまで
お寄せください。         
koho@j.hokkyodai.ac.jp
また、配信停止の手続きは、次のURLからお願いします。
http://www.hokkyodai.ac.jp/ezine/


 
メールマガジンに登録する ご利用上の注意事項
バックナンバー閲覧 配信を停止する
上記【メールマガジンに登録する】【配信を停止する】ボタンをクリックしても、普段お使いのメールソフトが立ち上がらない場合、下記のメールアドレスをコピーしてお使いのメールソフトの宛先に貼り付けてそのまま送信してください。

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで