Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

大学紹介 大学紹介

ここから本文です。

現在位置

北海道教育大学メールマガジン【第14号】

                        人が人を育てる北海道教育大学

★☆★==================================================☆★
北海道教育大学メールマガジン    第14号 2013.1.11配信
☆★==================================================★☆★
新たな年を迎え、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
この年末年始の北海道は、強い寒気の影響から寒い日が続きまし
た。1月5日には北海道でも寒さが厳しい町として有名な陸別町でマ
イナス30.2度を記録し、陸別町でこの時期にマイナス30度を下回る
のは、1977年の観測以来、初めてのようです。さらに、1月8日には
同じく北海道の枝幸町で、日本全国でこの冬の最低気温となるマイ
ナス31.7度も記録しております。
日本気象協会発表の長期予報でも、1月の気温は全国的に平年よ
り低くなるといわれておりますので、皆さん体調管理には十分にお
気をつけください。
さて、2013年の年頭にあたり、この一年の目標や願いなどを定め
た方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか。なかには、それを
「書」で表現された方もいると思いますが、今月のコラムは、旭川
校国語教育専攻で書道を専門としている矢野教授が「書き初め」に
ついてコメントしておりますので、ぜひご覧ください。
今年も、皆さんに北海道教育大学の情報をお届けできるよう努め
ていきますので、引き続き本メルマガをご覧くださいますようお願
いいたします。
-- 目次 --------------------------------------------------
■ コラム -「書き初め」の佳きところ発見-
(旭川校 国語教育専攻 教授 矢野敏文)

■ 学生通信 -震災復興ボランティアを通して-
釧路校 教員養成課程 地域教育開発専攻3年 澁谷佑里奈)

■ 受験情報(大学入試センター試験の日程など)

■ イベント情報等(特別公開講座、エデュケーションアゴラなど)

■ 全学ニュース(教職大学院フォーラムなど)

■ キャンパスニュース(エデュケーション・カフェin札幌など)

■ 学生の活躍(冬の節電ポスターの作成など)

■ サテライト通信  hue pocket(イベントのお知らせなど)

■ 同窓会情報(各キャンパス同窓会の連絡先など)

■ 教育支援基金のお願い
(大学院生(現職教員)から奨学金授与への感謝の声など)

■ 編集後記(総務課TKさんは今月何を思った!?)
------------------------------------------------------------
■■ コラム ■■ -「書き初め」の佳きところ発見-
1年間のさまざまな節目の中でも、お正月は、誰もが健康や明る
い1年であることを願い、決意も新たに気持ちが最も高揚する時で
はないでしょうか。職業や年齢、男女を問わず、各人の思いのこも
った新しい時間が始まります。
「仕事始め」「出初め」「歌会始」「稽古始め」「書き初め」な
ど、事始めのことばがいくつかありますが、単に「はじめの」とい
うのではなく、いずれにも佳き年になることへのおごそかな願いが
こめられているようです。
「書き初め」は、古来、宮中行事に始まり、江戸・明治時代をへ
て一般に広まったといわれています。筆は、日頃使う筆記具として
の役割を鉛筆やペンに譲って久しくなりますが、「書き初め」が死
語にはならず、正月行事の一つとして、あるいは、教育の場などで
継承されていることは、伝統文化を尊重する意味からも喜ばしい限
りです。
現在、小・中学校の国語科の中で、正しく整えて文字を書くこと
をねらいにして、「書写」(一般にいわれる「習字」)の学習が行
われています。高等学校では、表現や鑑賞力を高める芸術科目とし
て「書道」を選択で学習できます。また、書道は一般の方々に生涯
教育の一つとして根強い支持を得ていますし、高校生らによる「書
道パフォーマンス」などの新しい動きもあります。学校教育の校種
によって、または、生涯教育、書道部の活動など、それぞれに毛筆
を使うねらいが違いますから、価値基準が異なります。しかし、い
ずれの場合も個人の最も佳きところを認め、伸ばしていくことは共
通しています。
文字を書くことは、あまりにも身近なために簡単に考えがちです
が、鉛筆などの硬筆はもとより、毛筆で書く行為は、「見る・知る
・書く・考える」ことを総合的に、且つ感情を伴って行われるとこ
ろに大きな特徴があります。ですから、文字の形のみを見て「じょ
うず・へた」、「きれい・きたない」など二者択一の判断をするこ
とよりも、「一所懸命に書いている」「伸び伸び書いている」など、
書いた人の内面の佳きところを想像し、共感しながら鑑賞や評価を
していきたいものです。
今年も「書き初め」を見ながら、書いた人の新年の願いや佳きと
ころにふれたいと思います。
(旭川校 国語教育専攻 教授 矢野敏文)
------------------------------------------------------------
■■ 学生通信 ■■ -震災復興ボランティアを通して-
2011年3月11日の「東日本大震災」から早くも2年が経とうとして
います。この間、私は数回現地に向かい、震災復興ボランティアに
参加してきました。
私は宮城県仙台市の出身で、家族や友人たちが震災の被害に遭い
ました。大好きな家族、友人、地元のために何かしたいのに、遠く
離れた釧路市にいるため何もできないことが悔しくてたまらなかっ
たことが今でも強く心に残っています。そうした時に、ボランティ
アの募集の情報があり、私はすぐに飛びつき参加しました。
実際に参加してみると地元の方たちはみんな前向きで、励まし合
いながら毎日を強く過ごしているのに驚きました。ボランティアを
する私たちが逆に元気をもらい、また一緒にボランティアに参加し
ている同年代の仲間たちの熱い想いにも勇気をもらいました。ただ
作業をするだけでなく、色々な人との出会いがあり、そして語り合
いをすることは、現場に出向かないと経験できないことで、私にと
ってかけがえのない時間となりました。
また、私は、昨年11月に宮城県で行われた全国生涯学習ネットワ
ークフォーラムへ本学の代表として参加し、全国から集まった震災
復興ボランティアを行っている学生とディスカッション等を行いま
した。様々な復興支援の方法があり、とても勉強になったとともに、
全国にこんなにたくさんの仲間がいることに心強さを感じました。
私のことばかり書きましたが、本学にも様々なかたちでボランテ
ィア活動をしている学生がたくさんいます。自主的に何度も現地に
足を運んでいる者もいれば、夏休みや冬休みを利用して東北の子ど
もたちと一緒に勉強や遊びをしたり、チャリティーマーケットを企
画して義援金を集めたりなど、それぞれの得意な分野を活かした活
動を精力的に行っています。このように、北海道教育大学には、震
災に対する意識の高い仲間がたくさんおり、とても魅力的な大学で
あることを再認識することができました。
私は、今後もこのような仲間と団結して、継続的な支援活動を模
索していくとともに、将来教員になった際には、この経験を子ども
たちにも伝えていきたいと思っています。
     (釧路校 教員養成課程 地域教育開発専攻3年 澁谷佑里奈)
------------------------------------------------------------
■■ 受験情報 ■■
▼2013.1.19-20 平成25年度大学入試センター試験
http://www.hokkyodai.ac.jp/important/center-info.html

▼2013.1.26 釧路校進学説明会及び個別相談会
(札幌駅前サテライト)
http://news.kus.hokkyodai.ac.jp/whatsnew/event/
shingakusoudankai20130126.pdf

▼2013.1.28-2.6 一般入試出願受付期間

▼入学試験の過去問題を閲覧できます。

【学部入試の過去問題】
http://www.hokkyodai.ac.jp/exam/mondai-index.html

【大学院入試の過去問題】
http://www.hokkyodai.ac.jp/exam/inmondai-index.html

▼大学案内や募集要項等の請求方法はこちらをご覧ください。
http://www.hokkyodai.ac.jp/exam/faculty-demand.html

▼学部一般入試の募集要項はこちらから閲覧できます。
http://www.hokkyodai.ac.jp/pdf/youkou/h25ippan.pdf
------------------------------------------------------------
■■ イベント情報等 ■■
▼2013.1.12、19 旭川校サークルJP鈴木さんのトークライブ
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.
php?id=1107

▼2013.1.15 特別公開講座「新国立劇場の現場より」
(札幌駅前サテライト)
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.
php?id=1090

▼2013.1.18 第3回エデュケーション・アゴラ
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.
php?id=1098

▼2013.1.18、25、2.1、8 新聞カフェ
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1059

▼2013.1.23-29 附属釧路中学校美術科・美術部作品展
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1099

▼2013.1.27 大塚鶴洞先生作品収蔵記念講演会
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1105

▼2013.2.9 拓北・あいの里教育フォーラム2012
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1108

▼2013.2.15 本学附属学校園主催「授業力向上研究フォーラム」
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1106

------------------------------------------------------------
■■ 全学ニュース ■■
▼2012.12.8-9 小学校英語プロジェクト小中連携フォーラムを開催
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1096

▼2012.12.10 節電への取り組みを実施
http://www.hokkyodai.ac.jp/admin/setsuden.html

▼2012.12.14 学内合同企業説明会を開催
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1101

▼2012.12.16 教職大学院フォーラム「いじめ いのち 学校」を開催
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1097

▼2012.12.24 台湾の台北市立教育大学と交流協定を締結
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1104

▼その他のニュース
http://www.hokkyodai.ac.jp/
------------------------------------------------------------
■■ キャンパスニュース ■■
▼札幌校 「第16回エデュケーション・カフェin札幌」を開催(11/17)
http://www.hokkyodai.ac.jp/sap/

▼函館校 派遣留学等説明会を開催(12/4)
http://www.hak.hokkyodai.ac.jp/

▼旭川校 士別翔雲高等学校生徒が来校(12/12)
http://www.asa.hokkyodai.ac.jp/

▼釧路校 学生が羅臼小学校等で「津波の授業」を実施(12/18)
http://www.kus.hokkyodai.ac.jp/

▼岩見沢校 学生が岩見沢市絵画ホールで演奏会を実施(12/8)
http://www.hokkyodai.ac.jp/iwa/
------------------------------------------------------------
■■ 学生の活躍 ■■
▼2012.12.7 佐藤さん(岩見沢校2年)がコンテストで入選
http://www2.dosanko.co.jp/hokkyodai_iwamizawa/
topics/details-new.php?id=325

▼2012.12.10 冬の節電対策の一環として岩見沢校学生が節電ポス
ターを作成
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/
hotnews_details.php?id=1093

▼2012.12.17 下司さん(大学院2年)が道銀芸術文化奨励賞を受賞
http://www2.dosanko.co.jp/hokkyodai_iwamizawa/
topics/details-new.php?id=328

▼2012.12.23-24 チャリティーイベント「てとてとマート」を開催
http://www.hokkyodai.ac.jp/hotnews/hotnews_details.php?id=1102
------------------------------------------------------------
■■ サテライト通信  hue pocket ■■
サテライトでは毎週金曜日に「新聞カフェ」を開催しています。
http://www.hokkyodai.ac.jp/satellite/index.html#121030event

12月8日(土)、本サテライトのビルのイベント「sapporo55クリ
スマス2012」に岩見沢校音楽コースの学生が参加しました。金管五
重奏の2グループが、クリスマスにちなんだ曲を演奏し美しい音色
は、ビルに訪れた多くの観客を魅了しました。
http://www.hokkyodai.ac.jp/satellite/index.html#121208news

12月14日(金)、第2回北海道教育大学エデュケーション・アゴラ
を開催しました。北広島市立大曲小学校長 横藤雅人氏をゲストに
迎え、「必ずクラスがまとまる教師の成功術~学級を安定させる縦
糸・横糸の関係づくり~」というテーマで、25人の参加者とディス
カッションを行いました。
第3回(1月18日)は、「これからの社会を生きぬく知恵~科学リ
テラシーとサイエンスコミュニケーション~」と題し、国立科学博
物館事業推進部学習企画・調整課長、兼筑波大学客員教授(サイエ
ンスコミュニケーション担当)小川義和氏をゲストにお招きいたし
ます。
http://www.hokkyodai.ac.jp/satellite/index.html#121220event

▼サテライトのホームページ
http://www.hokkyodai.ac.jp/satellite/

▼サテライトの主なイベント予定
http://www.hokkyodai.ac.jp/satellite/sate-ibento.html
○2013.1.15 特別公開講座「新国立劇場の現場より」
○2013.1.18 第3回北海道教育大学エデュケーション・アゴラ
○2013.1.18、25、2.1、8 新聞カフェ
○2013.1.26 釧路校進学説明会及び個別相談会
○2013.1.27 大塚鶴洞先生作品収蔵記念講演会
------------------------------------------------------------
■■ 同窓会情報  ■■
本学には、下記のような各校の同窓会があります。卒業生であれ
ばいつでも入会できますので、卒業後も同窓のつながりを大切にし
てください。
http://www.hokkyodai.ac.jp/graduate/dousoukai.html

▼北師教育文化振興会(札幌校同窓会)

▼夕陽会(函館校同窓会)

▼六稜会(旭川校同窓会)

▼鶴陵会(釧路校同窓会)

▼青陵会(岩見沢校同窓会)
------------------------------------------------------------
■■ 教育支援基金のお願い ■■


▼本学では、平成18年度に北海道教育大学教育支援基金を設立しま
した。北海道における人づくり支援のため、本基金へのご理解とご
協力をお願い申し上げます。
http://www.hokkyodai.ac.jp/fund/

▼教育支援基金から奨学金を授与された学生より、次のような感謝
の言葉が寄せられています。

このたびは教育支援基金より奨学金をいただき、誠にありがとう
ございました。私は現在、小学校に勤務しながら大学院(長期研修)
で学んでいます。教員生活をスタートしてから十数年が経ち、現場
では中堅の立場として期待されるものの、その実力との差に自分自
身をもっと高める必要性を感じていました。今回の研修で学んだこ
とを現場に生かし、子どもたちに還元できるよう今後とも努力して
いきたいと考えております。
(学校教育専攻(旭川校)大学院生(現職教員))
------------------------------------------------------------
■■ 編集後記 ■■
▼前号のメルマガで「岩見沢校定期演奏会チケットプレゼント」を
実施したところ、たくさんの方にご応募いただきまして、ありがと
うございました。
当選者のうち山形県からわざわざお越しいただいた方もいらっしゃ
いまして、「演奏会はとても迫力があった。また、Kitara(札幌コ
ンサートホール)は素晴らしいホールで、あのような所で演奏でき
るのは魅力的だと思った」とのコメントをいただいております。
岩見沢校では、定期演奏会の他にも卒業演奏会(岩見沢校i-HALL)
や各種イベントで演奏を披露しておりますので、今後もお気軽に足
をお運びください。

▼1月19日、20日に大学入試センター試験が行われます。受験生の
皆さんは受験勉強もラストスパートに入っている頃だと思いますが、
体調には十分留意して頑張ってください。
なお、北海道教育大学試験会場の実施状況がわかる携帯サイトがあ
りますので、本学で受験される方は携帯電話から登録されておくと
便利です。
http://www.hokkyodai.ac.jp/important/center-info-m.html

▼2013年がスタートしてから10日が経ちました。私はまだまだ正月
ボケから抜けきれませんが、皆さんはいかがですか?
昨年末には2012年を振り返るテレビ番組が多くあり、ロンドンオリ
ンピックのメダルラッシュやノーベル医学・生理学賞を受賞した山
中伸弥教授など、日本人の活躍がピックアップされていました。今
年はどのような明るいニュースが届くか楽しみですね。
個人的には、東京都が立候補している2020年夏季オリンピックの開
催地がどこになるかを注目しています。


▼次号は、平成25年2月上旬に配信予定です。(総務課TK)
-- 当メールについて ---------------------------------------
当メールはメルマガ登録をいただいている方に送信しています。ご
意見やコメントを募集しておりますので、次のメールアドレスまで
お寄せください。        
koho@j.hokkyodai.ac.jp
また、配信停止の手続きは、次のURLからお願いします。
http://www.hokkyodai.ac.jp/ezine/

 
メールマガジンに登録する ご利用上の注意事項
バックナンバー閲覧 配信を停止する
上記【メールマガジンに登録する】【配信を停止する】ボタンをクリックしても、普段お使いのメールソフトが立ち上がらない場合、下記のメールアドレスをコピーしてお使いのメールソフトの宛先に貼り付けてそのまま送信してください。

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで