Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学科紹介 学科紹介

ここから本文です。

現在位置

教員(分野)紹介

スポーツコーチング科学コース

スポーツ心理学研究室

安部 久貴 講師担当教員
安部 久貴
AMBE, Hisataka
講師

当研究室では、「スポーツと心」の関係について研究しています。その内容は、「どうしてスポーツを好きな人と嫌いな人がいるのだろう?」、「どうしたらスポーツの技能が向上するのだろう?」、「どうしたら試合で最高のパフォーマンスを発揮できるのだろう?」、「指導者の声かけは選手にどんな影響を与えているのだろう?」など多岐に渡ります。スポーツ心理学を活かし、スポーツ活動で生じる「スポーツと心」に関する疑問の探究を通じて、より良いスポーツライフの実現を一緒に目指しませんか。


指導現場のフィールド調査の様子

研究者総覧のページへ
 

アダプテッド・スポーツ研究室

大山 祐太 講師担当教員
大山 祐太
OYAMA, yuta
講師

アダプテッド・スポーツとは、文字どおり実践者の心身の状態にadapt=適合させられたスポーツのことです。たとえば、「障害」という概念は個人が社会と接したときに困難が生じる状態といえます。個人の心身機能や構造は変えられなくとも、用具やルールという環境を修正することによって、誰もが、より多くの人とともにスポーツを楽しむことができます。指導者としての知識・技能の獲得はもちろん、教育や福祉現場での適応方法など、広くアダプテッド・スポーツのもつ価値について考察してみませんか。

活動写真 大山 祐太 講師
アダプテッド・スポーツの実践風景

研究者総覧のページへ
 

武道研究室

岡嶋 恒

担当教員
岡嶋 恒
OKAJIMA, Tsuneshi
教授

日本の伝統的運動文化である武道(特に剣道)について研究します。ゼミ生は、剣道の歴史や武道が持つ文化的・教育的特性について学習し、武道の現代的価値や今日の教育に果たす役割などについて理解を深めます。また、地域における指導者としての力量を身につけるため、基本に則した剣道技能の習得に努めるとともに、発達段階に応じた指導方法についても学習していきます。剣道の良さや楽しさを多くの人に伝えたい、そして自らも剣道の魅力を探求したい、そんな人を待っています。


男子、3度目の優勝

研究者総覧のページへ

 

ゲーム分析論研究室

奥田 知靖 准教授担当教員
奥田 知靖
OKUDA, Tomoyasu
准教授

ボールゲームにおいて、プレーの成否に大きな影響を及ぼす状況判断能力はどのように育成されるのでしょうか?中心的な研究テーマは、小学校低学年や未就学児童のボールゲーム能力の育成方法について明らかにすることです。主に、ゲーム分析手法を用いて試合中の児童の動きを分析しています。当研究室では、研究による知識の獲得だけでなく、実際に児童を指導できるスキルの獲得も大切にしています。将来的に、子どものボールゲーム指導の専門的な知識と指導スキルを身につけた指導者に成長することを期待しています。


子どものボールゲーム指導

研究者総覧のページへ
 

チームコーチング研究室

越山 賢一担当教員
越山 賢一
KOSHIYAMA, Ken-Ichi
教授

私の研究室ではサッカーを対象にした指導者育成をテーマにし、良いチームを作る指導者が持つ資質とスキルなどを研究しています。学生たちには指導者として必要な人間的成長を促すとともに、サッカーの指導力の向上を求めています。ゼミでは映像を使ったゲーム分析を行い分析力の向上を図り、トレーニングの組み立てから指導力の実践へ進み、さらに戦術的指導へと発展する内容で進めています。2014年はJ2のプロ選手、2015年にはJ2チームのコーチを輩出しました。


大学の人工芝グランドで試合前の円陣

研究者総覧のページへ

個人ページ
 

バイオメカニクス研究室

小林 規 教授担当教員
小林 規
KOBAYASHI, Tadashi
教授

バイオメカニクスとは、スポーツの技術・動作を科学的に研究する分野です。身体に働く力や、速度、加速度、筋肉の働き方などの身体運動を分析し、どのようにしたら安全で、上手な、効率の高い、速い動きができるかを明らかにし、競技力の向上やリハビリテーションに活かしていきます。自然の法則と身体の機能に焦点をあて、スポーツを科学します。理論と実践を結びつけて教育・スポーツ界に貢献できる人材を育成します。


小林ゼミ海外研修
(ドイツアルプス冬季スポーツ事情)

研究者総覧のページへ

 

スポーツ運動学研究室

佐藤 徹 教授担当教員
佐藤 徹
SATO, Toru
教授

スポーツ運動学は、人間がスポーツの運動をどのように習得するか、そしてまたどのように指導するかという問題を研究する学問です。「人間が」といったのは、動物の調教やロボットの動きを作ることと、心をもった人間が動きを覚えることには大きな違いがあるからです。運動のメカニズムを知るだけでは指導はできません。選手や生徒の動きを、覚える人の身になって教えることのできる指導者になろうと思う人は、ぜひ運動学を学んでください。


運動の指導の仕方を考える(教育実習の反省)

研究者総覧のページへ

 

体力学研究室

志手 典之 教授担当教員
志手 典之
SHIDE, Noriyuki
教授

スポーツ生理学をベースに体力を多角的に研究しています。たとえば、「体力とパフォーマンスの関係」・「トレーニングによる体力の変化」・「子どもたちの活動量と体力の関係」など。特に、実験室レベルでの体力測定を中心に、体力要素を分類・抽出し、パフォーマンスとの関連性や形態との関係を探求するための学びのステップを構築しています。将来、スポーツ指導者や学校の教員になったときに、経験による指導ではなく、科学的知識に基づく指導実践ができる人材を育成したいと思っています。


小学生の体力測定(長座体前屈)

研究者総覧のページへ

個人ページ

パーソナルコーチング研究室

担当教員
杉山 喜一
SUGIYAMA, Kiichi
教授

スポーツが、一定の規則にしたがって全力を発揮するようにしくまれた競技的活動とした場合に、そこでは一定の準備と競技とが生まれてきます。ここでの準備とは、競技を行うために身体的にも精神的にもまた技術的にも必要なものでありこれがトレーニングに相当します。パーソナルコーチング学では、競技力向上のための意図的・計画的に行うすべての営みをトレーニングとして位置づけ、心技体の融合をはかりながら個の能力を引き出すための技法や競技力向上に関わるコーチング理論を学びます。


外国人講師を招いての討論会

研究者総覧のページへ

 

運動生理学研究室

担当教員
鈴木 淳一
SUZUKI, Junichi
教授

運動生理学では、運動やトレーニングによる身体の適応性変化を研究します。トレーニングの強度を高めれば、運動能力は向上しますが、過度なトレーニングは身体の傷害を引き起こします。そこで栄養面や心理面などのErgogenic Aidが必要になります。「低酸素」や「高酸素」環境の利用もその一例です。当研究室では、短時間の反復低酸素暴露と常酸素下トレーニングによって、筋での脂肪代謝能力が高まり、持久力が向上することをマウスの実験で確認しました(※http://physreports.physiology.org/content/4/7/e12744)。今後はヒトへ応用したいと考えています。


マウス腓腹筋の蛍光免疫染色画像
(1:遅筋、2:速筋、3:中間筋、4:毛細血管)

研究者総覧のページへ

 

ヘルスプロモーション研究室

寅嶋 静香 准教授担当教員
寅嶋 静香
TORASHIMA, shizuka
准教授

「ヘルスプロモーション=健康増進」:この健康増進のための一手段に「運動実践」があります。ところがこの運動中の強度や頻度を一つ間違えてしまうと、心臓やホルモン系に大きな支障をきたし、怪我も併発し、最後には不健康な状態へとシフトしてしまいます。ではどのような運動実践が「健康増進」をもたらすのでしょうか?このゼミでは「健康とは何か」、を運動処方の観点から、地域実践をメインテーマとし、卒業まで追い続けていきます。スポーツをしていれば健康、なのではありません。むしろスポーツ競技活動と健康は対極にあるのです。

活動写真 寅嶋 静香 准教授
産後健康運動教室

研究者総覧のページへ

 

健康体力医学研究室

森田 憲輝 准教授担当教員
森田 憲輝
MORITA, Noriteru
教授

当研究室では、「健康」にとっての「体力」や「運動」の意義を探究しています。この1年は低温・低酸素実験棟が完成したため、低酸素環境での運動による代謝応答について実験しました。低酸素環境は「高地トレーニング」に相当し、持久力に効果があると知られていますが、それだけでなく、筋力増強や筋肥大に良い影響があることを示すデータを観察しています。今後さらにこの施設を活用し、そのデータの裏付けを行うとともに、運動や体力の意義を研究していきます。みなさんも一緒に挑戦しませんか?


標高3300m相当の低酸素環境での
自転車運動と歩行の実験の様子

研究者総覧のページへ
 

スポーツ教育学研究室

山本 理人 教授担当教員
山本 理人
YAMAMOTO, Rihito
教授

スポーツ教育学研究室では、「スポーツを学ぶこと」について研究を行っています。近年、人間とスポーツの関わりは、「するスポーツ」だけでなく、「みるスポーツ」「支えるスポーツ」など多様化しています。我々の研究室では、スポーツを学ぶことの意味を固定的に捉えるのではなく、それぞれの地域における「人々とスポーツの関わり方」という現実を捉えながら、指導のあり方や環境づくりのあり方などを考察していきます。


スポーツ・コーチング実践研究法

研究者総覧のページへ
 

アウトドアライフコース

環境教育学研究室

能條 歩 教授担当教員
能條 歩
NOJO, Ayumu
教授

環境教育学研究室では、「自然と人との望ましい関係」を、実際に自然とふれあう中で考えたり指導したりするための、自然体験学習の指導法と自然体験教育そのものの体系化について研究しています。また、自然事象の理解/環境変遷と災害/子どもとの自然体験活動/自然災害ボランティア、等をテーマにした多彩なゼミ活動を行い、教育現場のさまざまな課題に対応するための臨床環境教育にも取り組んでいます。


環境教育の素材研究(シカの糞による紙すき実験)

研究者総覧のページへ

 

自然体験活動研究室

濱谷 弘志 先生担当教員
濱谷 弘志
HAMATANI, Hiroshi
准教授

自然の中で行われる教育では、教材となる自然環境と同時に、体験したことを効果的な学びに繋げる指導者の能力が重要です。自然体験活動研究室では、指導者に必要な能力やどのようなトレーニング、機会を経ることが効果的な指導者養成となるのかを研究しています。また、北海道の原生林や手つかずの自然など、ウィルダネスを教材とし、そこでしかできない体験からの学びやその素晴らしい自然環境を将来に渡って保存するために、自然環境になるべく影響を与えないよう行動できる指導者を育てます。


野山のフィールド経験実習
大雪山系縦走登山

研究者総覧のページへ

 

スポーツ社会学研究室

前田 和司 教授担当教員
前田 和司
MAETA, Kazushi
教授

野外活動やアウトドア・スポーツは、私たちの社会と自然を結びつける文化です。現在起きている環境問題の解決や、これからの自然環境との良好な関係づくりのために、どのような野外活動やアウトドア・スポーツが必要なのかを考えていくのが、この研究室です。特に、フィールドに出て、目や耳や全身で感じながら勉強することを大事にしています。農山村体験からカヌーでの川下り、釣り、クロスカントリースキー、バックカントリースキー、スケートまで、楽しく学ぶことができます。


十勝岳連峰でのバックカントリースキー

研究者総覧のページへ

 

野外教育学研究室

山田 亮 講師担当教員
山田 亮
YAMADA, Ryo
准教授

野外教育学研究室では、教育、環境、地域社会における現代的課題を解決するために自然の中で組織的・計画的に一定の教育目標をもって行われる自然体験活動を通して「自然」、「他存在」、「自己」についての創造的、調和的な理解を深めていくことを目的とした野外教育の効果的なプログラムを開発することをテーマとしています。季節ごとに行うフィールドワークでは子どもや成人を対象としたプログラムの企画・指導の実践を行い、野外教育指導者としての専門的な知識や技術を身につけます。


日本野外教育学会に研究室学生が参加しました

研究者総覧のページへ

 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで