Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

キャンパス紹介 キャンパス紹介

ここから本文です。

現在位置

キャンパス長挨拶

岩見沢校を芸術・スポーツ文化の拠点に

 
 現在、本校には従来の2課程(芸術課程・スポーツ教育課程)と平成26年4月に開設した「芸術・スポーツ文化学科」とが併存しています。
 新学科は、芸術やスポーツの文化価値を地域のさまざまな課題解決へ活用し、それを新たな文化ビジネスへつなげる発想を持つ地域再生の核となる人材育成を行うことを目的とし、「芸術・スポーツビジネス」「音楽文化」「美術文化」「スポーツ文化」の4専攻からなっています。「地域プロジェクト」という授業では、1学年全員がグループに分かれ、芸術やスポーツがどのように地域の発展に貢献できるか考えます。さらにビジネス専攻の専門の授業では、岩見沢市のご協力を得て、地域における具体的な問題点や課題を知り、具体的な解決策を考えていきます。

 授業以外にもさまざまな文化活動があります。道内各地をオーケストラが行脚する音楽文化専攻生を中心とした「ミュージックキャラバン」、すべての人々のためのスポーツである「アダプテッド・スポーツ」の普及活動や、ドイツのハイデルベルク大学の実践経験と知識を導入した、子どもスポーツ教室「バル・シューレ」の開講、また美術では新たな発信の場である北海道教育大学アーツ&スポーツ文化複合施設(通称ハグ;HUG=Hue Universal Gallery)をひとつの拠点として、学生や大学院生の卒業、修了制作展をはじめとした美術関係の展示会を開催しています。

 そして、特にお伝えしたいのは、これらの地域へ向けた活動は、すべて岩見沢校の学生を主軸にしたものだということです。活動を通して学生たちは、社会の中で自分たちの能力を生かすための実践的知識と行動力を身につけていきます。

 今日、芸術・スポーツはこの社会で、とても大きな役割を果たすようになってきました。皆さんの力で芸術・スポーツ文化の素晴らしさを、岩見沢から日本中あるいは世界に発信してみませんか。
 
岩見沢校キャンパス長 志手 典之

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで