Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

釧路校

ここから本文です。

現在位置

  • 釧路校の中の
  • 在学生メッセージ ~学校カリキュラム開発専攻~
  

学校カリキュラム開発専攻 美術研究室 1年

北海道帯広三条高等学校 出身
 受験生のみなさん、こんにちは!私は学校カリキュラム開発専攻美術研究室に所属しています。
 美術研究室では、その名の通り美術に関することを学んでいます。内容としては、美術教育に関するDVDを見て、どのように授業を組み立てたり、どのような点に注目しているかなどを考える座学や、実際に水彩画の模写をしたり、木を彫って彫刻を作ったりする実技もおこなっています。
  また、研修として、記念館に行って見学をするなど、学外での活動も多くおこなっています。
  美術研究室は、人数が少ない分、一人一人とのふれあいが多く、最も仲の良い研究室の一つだと思います。来年度、みなさんが無事合格し、私達と楽しく充実した大学生活を過ごせることを楽しみにしています。

 

学校カリキュラム開発専攻 数学研究室 3年 

兵庫県立洲本高等学校 出身

 みなさんこんにちは。私がこの大学に入学して一番良かったと思うのは1、2年生で行う教育フィールド研究です。1年生の早い時期から小学校や中学校に行かせていただいて授業や学校の雰囲気を学び、子どもたちと交流しました。そのおかげで、3年生で行う教育実習では、教育フィールド研究で学んだことを活かして目標を立て、学校現場についてより深く学び、とても成長することができました。
 また、釧路校の周辺にはへき地・小規模校がたくさんあります。私は入学するまでへき地・小規模校についてあまり知らなかったのですが、新入生研修で行かせていただき、子どもたちとの距離の近さや特色のある授業を見てとても興味を持ちました。
 入学当初は知り合いもおらず、地元からも遠く離れた釧路でやっていけるのかとても不安でした。しかし今は同じ研究室の仲間を含めとてもたくさんの友達に囲まれ支え合いながら毎日を楽しく過ごしています。そして心からこの大学で良かったと感じています。みなさんと一緒に学ぶ日を楽しみに待っています!
 

  

学校カリキュラム開発専攻 外国語研究室 4年

岩手県立黒沢尻北高等学校 出身
 受験生の皆さん、大学受験に向けて日々勉強に励んでいることと思います。私も4年前の今頃、教師になりたいという夢を持ち、北海道教育大学に向けて受験勉強に勤しんでいました。
 私はこの大学で、4年前には想像もしなかったような素晴らしい経験をし、多くのかけがえのない仲間と出会いました。私が所属していたGELプログラムでは、他大学では決して経験のできない、濃密な講義を受けることができます。この大学では、教師になりたい学生の夢をかなえる素晴らしい施設、先生方、そして同じ高い志を持った仲間があなたを待っています。
 私も4月から地元の岩手県で高校の英語教師として、あらたな大きな一歩を踏み出します。皆さんも、今回の大学受験で全力を尽くせるよう応援しています。頑張ってください!
 

学校カリキュラム開発専攻 数学研究室 4年

北海道根室高等学校 出身

こんにちは!私は数学研究室に所属し、数学のあらゆる分野(専門的な数学や算数・数学教育)について学んでいます。特に数学研究室では、各分野・領域について専門性に優れた先生方のもと、自分の興味・関心があることについて深く学ぶことができるので、非常に充実したやりがいのある生活を日々送っています。
 
また、釧路校では教育フィールド研究を通して1年生のときから実際に小・中学校へ訪問し、生の教育現場を見ることができます。私はこの教育フィールド研究のおかげで早い段階から教育現場について知ることができ、そして、多くの子どもたちと交流していく中で「教師になりたい!」という想いが強くなっていきました。さらに、3年生で行う教育実習でも教育フィールド研究の経験を活かし、初日からスムーズに取り組むことができました。4年生時の教員採用試験の対策では、釧路校の先生方に様々な指導や助言をいただき、試験本番でも自信をもって挑むことができました。
 
このように釧路校では、将来の夢に全力を尽くしてくれる大学です。また、色々な講義や行事を通して、各専攻・各研究室や縦のつながりも生まれてくるので、多くの人と関わることができます。色々な人と遊んだり、旅行に行ったりと、プライベートも非常に充実した生活を送れる大学生活です。皆さんのご入学、お待ちしております!

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで